ビューティ情報『管理栄養士・麻生れいみ先生が大注目!「ビタミンD」こそ、いまとるべき栄養素!』

2019年5月5日 06:00

管理栄養士・麻生れいみ先生が大注目!「ビタミンD」こそ、いまとるべき栄養素!

ビタミンDの量を表す単位で覚えておきたいのは、μg(マイクログラム:1gの10万分の1)と、IU(アイユー:1IU=0.025μg)。日本人の食事摂取基準(2015年版)では、成人の耐用上限量100μg(4000IU)です。サプリは各メーカーの、使用摂取量を参考にしましょう。
そのほか最近では、ビタミンD入り卵、ビタミンD入り豆乳、ビタミンD入りオイルなど機能性のある食品が販売されているので、そういったものを賢くとるのもいいですね。
ビタミンDは脂溶性なので、炒めたり、ナッツ類と一緒に食べたり、ドレッシングをかけたりと、油と一緒にとることで吸収がアップ。また、カルシウムの吸収を助ける働きがあるので、カルシウムを一緒にとれば骨の強化に役立ちます。納豆に、ビタミンDオイルをかけて食べるのは、とっても簡単でおすすめの方法です。
これまで、あまり気にしてこなかったという人が多いビタミンD。ぜひ、意識してとってみてください。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.