ビューティ情報『“10秒伸ばし”でコンディションが整い、やせやすく! 硬い体をやわらかくするストレッチ』

2019年5月3日 11:00

“10秒伸ばし”でコンディションが整い、やせやすく! 硬い体をやわらかくするストレッチ

両ひじを曲げてわきを締め、
顔の下あたりで手のひらを床につけます。

状態を反らす

1の手の位置のままひじを伸ばし、上体を反らします。顔は正面に向けましょう。
NG
手を肩の下でついたNGカット

手を肩の下でつくと、骨盤が床から浮いてしまいお腹が伸びません。1のときに手を顔の下あたりで床につき、手の位置を変えずにひじを伸ばすと、自然と手を肩より前につくことができます。
【太ももの前側】
骨盤が後ろに傾き、お尻や太ももの裏側が使いにくい状態になると、太ももの前側やひざに負担が。疲労もたまるので、1日の終わりに伸ばしておきたい部位です。

体の右側を下にして寝る

体の右側を下にして床に横になり、脚をそろえてひざを曲げます。ひじを曲げて右腕で腕枕をし、左手で左足の甲をつかみます。左足のかかとはお尻につけておきます。

足をもって、ももを伸ばす

左足のかかとをお尻につけたまま、左ひざを後ろに引きます。ひざを高く上げる必要はありません。3セットくり返したら反対向きに寝て、手脚を左右入れ替えて同様に。
NG
かかとをおしりから離したNGカット

かかとがお尻から離れた状態でひざを後ろに引いても、太ももの前側は伸びません。かかとをお尻から離さずに行いましょう。
【お尻】
じつは、姿勢の悪さやゆがみ、腰痛の大きな原因になっているのがお尻の硬さ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.