ビューティ情報『緊張や不安で心が疲れたら…!? 管理栄養士がすすめる“メンタルバランスが乱れたときこそ、食べてほしいもの”』

2019年5月8日 17:00

緊張や不安で心が疲れたら…!? 管理栄養士がすすめる“メンタルバランスが乱れたときこそ、食べてほしいもの”

目次

・体をつくるたんぱく質は、心にも大事な栄養素
・鉄分は女性にとってマスト・ミネラル
・頭をたくさん働かせるなら、ビタミンB群も補給して
・脳に必要な栄養を効率よくとるなら、やっぱりお肉!
・FYTTEおすすめメニュー
緊張や不安で心が疲れたら…!? 管理栄養士がすすめる“メンタルバランスが乱れたときこそ、食べてほしいもの”
新生活のはじまりには緊張や不安がつきもの。でも慣れない環境でストレスが続くのは、メンタルバランスにとっても好ましくありません。このようなストレスを感じるのは、私たちの脳。その脳の働きを支えているのが、食事を通じて私たちの体に入ってくるさまざまな栄養素です。食べることは脳にとっても大切なのですね。では、“メンタルが不安定だな”と感じたときに、どんなものを食べるといいのでしょうか?ご自身が考案した“食べてやせて健康になるダイエット法”で数々のベストセラー本を執筆しながら、企業の特定保健指導や病院の臨床研究における栄養療法の監修など、多方面で活躍している管理栄養士の麻生れいみ先生にお話をうかがいました!

■体をつくるたんぱく質は、心にも大事な栄養素

魚を食べている食事風景

「忙しかったり生活リズムに慣れなかったりすると、食事もコンビニで売られている菓子パンやお弁当など、手軽に食べられるものについ目がいきがち。でも、そういうものは得てして炭水化物が多い。もっとも大切な栄養素はたんぱく質です」(麻生先生)
メンタルバランスと密接に関係しているのが、「脳内ホルモン」と一般的に言われているセロトニンなどの神経伝達物質。これらはたんぱく質から合成されます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.