ビューティ情報『乳がん検診は何歳から? 年齢ごとに変わる“受けておきたい健康診断”のポイント♪』

2019年5月16日 11:00

乳がん検診は何歳から? 年齢ごとに変わる“受けておきたい健康診断”のポイント♪

目次

・定期健康診断とオプション
・生活習慣や持病で選ぶ診断
乳がん検診は何歳から? 年齢ごとに変わる“受けておきたい健康診断”のポイント♪
新生活が始まる春、体調を整えるためにも受けておきたい健康診断。毎年定期的に受けているという人も多い中、ネット上では「がん検診とか、どの時期にいけばいいんだろう」「内視鏡とか痛そうで怖いイメージしかない」「めんどくさくてつい見送りがち」といった声も。また病気の早期発見を目的とした診断は多くの種類があるため、すべてを受けようと思うと時間も費用も大変なことになってしまいます。そこで今回は、特に受診しておきたい検査をご紹介。受けるべきタイミングについても取り上げていますので、迷っている人は参考にしてみてください。

定期健康診断とオプション

親子の女性の画像

4月7日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」(TBS系)では、健康診断にまつわる知識を特集。医学博士の中山富雄先生が、健康診断を受ける際のポイントを性別や年齢ごとに解説してくれました。
健康診断にはいくつか種類がありますが、基本となるのが「定期健康診断」と呼ばれるもの。身体測定、血圧検査、血液検査、尿検査、心電図、胸部X線、そして問診によって現在の体の様子を観察します。これにプラスして受けておきたいのが、気になる部分を重点的に調べられるオプション検査。こちらは病院によって受けられる診断も異なるので、自分が受けるべき診断を把握していなければなりません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.