ビューティ情報『「トレーニングするなら、まず食べて!」人気管理栄養士が、“食べない筋トレ”にダメ出しする理由とは』

2019年5月18日 06:00

「トレーニングするなら、まず食べて!」人気管理栄養士が、“食べない筋トレ”にダメ出しする理由とは

目次

・栄養不足のままトレーニングすると、危険なことも…!?
・筋肉をつけたいなら、たんぱく質の摂取は必須
・プロテインをとるときは、メーカーの注意書きをよく読んで
「トレーニングするなら、まず食べて!」人気管理栄養士が、“食べない筋トレ”にダメ出しする理由とは
新生活も落ち着き、気持ちを新たにトレーニングに励もうとする人も多いかもしれませんね。でも“やせたい”と思うあまり、十分な食事をしないでトレーニングをしていませんか?ご自身が考案した“食べてやせて健康になるダイエット法”で数々のベストセラー本を執筆しながら、企業の特定保健指導や病院の臨床研究においての栄養療法の監修など、多方面で活躍している管理栄養士の麻生れいみ先生は、“食べないでトレーニングをするのはダメ”と、注意を促しています。

■栄養不足のままトレーニングすると、危険なことも…!?

必死で走っている女性

筋トレとは一度筋肉を分解し、修復して筋肉の量を増やす作業。“ダイエット中だから”と食事を制限しながらトレーニングをすると、修復の際に必要となるたんぱく質が足りないために筋肉は修復されず、どんどん減ってしまいます。
「ただでさえ栄養が足りなくて代謝が落ち、燃焼できない体になっているのに、食べないでトレーニングするなんて、まさに悪循環。影響は筋肉だけでなく、ほかのところにも及びます。以前にも私と同年代の人から、“跳んで着地したら、骨にひびが入った”と相談されたことがありました。詳しく聞くと“もっとやせたい”と、食事を抑えてトレーニングをしていたようです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.