ビューティ情報『怖いのは紫外線だけじゃない! 肌にダメージを与える光の正体とは?』

2019年5月18日 11:00

怖いのは紫外線だけじゃない! 肌にダメージを与える光の正体とは?

目次

・光のダメージは肌老化のもと
・太陽光だけにあらず! 光の種類で変わる肌ダメージ
・様々な光に対応した日焼け止めを選ぼう
怖いのは紫外線だけじゃない! 肌にダメージを与える光の正体とは?
昼間の日差しの強さを肌身で感じるようになりました。うっかり日焼け止めを塗らずに出てしまったら、肌は危険にさらされた状態に!そう、太陽光は肌にダメージを与える最大の原因なのです。 今回は、光が肌に与えるダメージを知って、美肌ケアに役立てましょう。

光のダメージは肌老化のもと

日差しに透けた麦わら帽子の画像

夏に向かっていく季節、これからますます怖いのが日焼けですね!紫外線の量がどんどん増えていくので、毎日の日焼け対策はマストです。今年の日焼け止めのご用意はもうできていますか?
光から肌を守ることは、美肌のための最前線ケアといってもいいくらい重要です。私が化粧品メーカーで商品開発をしていたときに、同僚の研究員から口を酸っぱくして言われていたのも「日焼け止めは絶対忘れないで!」ということでした。
商品開発者は、開発中のサンプルをテストすることが多いので、しょっちゅう洗顔をしてすっぴんで仕事をしたり、忙しいときはそのままランチへ外出、なんてことも。実はそれは肌にとってはもってのほかのNG行動!肌研究の最先端にいる研究員にとって、日焼けが肌にどれほどダメージを与えるかは常識中の常識なので、いつもアドバイスをしてくれていたというわけです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.