ビューティ情報『いつでも油断大敵! うっかり日焼けを防いで美肌を保つ方法』

2019年5月22日 11:00

いつでも油断大敵! うっかり日焼けを防いで美肌を保つ方法

目次

・その日焼けの常識、実は間違いかも?!
・ぬり忘れやすいところをチェック!
いつでも油断大敵! うっかり日焼けを防いで美肌を保つ方法
日に日に強くなる太陽の日差しに、日焼け止めや日傘が必須の季節となりました。若々しい肌を保ちたいなら、日焼けから肌を守るケアが欠かせません。とはいえ、日焼けについて意外と知らないことってまだまだあると思います。誤解を招くうっかり日焼けを防いで、肌をダメージから守ってあげましょう!

その日焼けの常識、実は間違いかも?!

女性の両手と夏らしいグッズ画像

1.曇りの日は日焼けしない?
「今日は曇っていて太陽が出ていないから、日焼け止めはなしで出かけちゃおう!」なんていう日、ありませんか?太陽が顔を出していないときは、日焼けはしないのでしょうか?
答えは「ノー」です!曇りの日だって日焼けはします。晴天に比べて薄曇り時の紫外線の通過率は8割程度。曇りなら6割、雨でも3割の紫外線は肌に届いているのです。1回に当たる量は少なくても、それが何度も積み重なれば、晴天時に日焼けしたのと変わらない紫外線量を浴びることにもなりかねません。
曇りや雨でも少しずつ日焼けはしてしまうものと思って、油断せずに日焼け止めで予防しておきたいですね。
2.水の中にいれば日焼け止めは必要なし?
海やプールなど、水辺のレジャーを楽しむときこそ、日焼けの心配も大きくなりますね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.