ビューティ情報『枕元のタマネギたまねぎで鼻づまりを解消!? アレルギー症状が出たとき時の応急処置法』

2019年5月31日 11:00

枕元のタマネギたまねぎで鼻づまりを解消!? アレルギー症状が出たとき時の応急処置法

目次

・目がかゆいときの応急処置
・鼻づまりを緩和する方法
枕元のタマネギたまねぎで鼻づまりを解消!? アレルギー症状が出たとき時の応急処置法
アレルギーを持つ人は、目のかゆみや鼻づまりなどさまざまな症状に悩まされています。症状の程度は人によって異なりますが、ネット上には「常に鼻声の状態だからしゃべるのが大変」「目が充血して真っ赤になるのが恥ずかしい」「症状がひどいと夜も眠れなくなる」と悩む声が多数。長年アレルギーとつき合っている人は対処法も身についているようですが、最近症状が現れたばかりという人は日々大変な思いをしています。そこで今回は、アレルギー症状の応急処置についてご紹介しましょう。

目がかゆいときの応急処置

目薬を差す女性の画像

4月4日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)では、アレルギーで起きる症状の対処法を特集。池袋大谷クリニック院長・大谷義夫先生が、アレルギー対策の正しい方法や症状をやわらげる知識を教えてくれました。
アレルギーで目がかゆくなったときの応急処置は、かかずに冷やすのがベスト。まぶたを冷やすと血管が収縮し、かゆみの原因となる粘膜の炎症が抑えられます。かゆみをガマンできずにかいてしまうと、最悪の場合、急性緑内障になる恐れがあるそう。冷やし方は氷水や保冷剤などをまぶたに乗せればOKです。
目薬を差すときは、点眼してから目をつぶって目頭を押さえるのが正しいやり方。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.