ビューティ情報『下痢や頭痛の原因は思わぬところに? 食事で起こる不調の原因は』

2019年6月5日 21:00

下痢や頭痛の原因は思わぬところに? 食事で起こる不調の原因は

目次

・アレルギー反応に似た多様な症状
・ヒスタミンを含まない食事で改善
下痢や頭痛の原因は思わぬところに? 食事で起こる不調の原因は
体の中や食品中に広く存在しているアミノ酸の一種である「ヒスタミン」。このヒスタミンは欠かせない栄養素なのですが、ときに悪さをすることも。ヒスタミンが豊富な食品やお酒、それを含む薬をとった場合、下痢や頭痛、じんましんなどの症状が現れることがあります。その原因がヒスタミンであることもあるのです。もしかするとあなたも当てはまるかも。

アレルギー反応に似た多様な症状

アレルギー反応に似た多様な症状

ドイツの研究グループが、過去のさまざまな研究を調べ、生体内や食品中に広く存在するアミノ酸の一種「ヒスタミン」と、そのヒスタミンをとると現れる症状についてまとめています。
普通、ヒスタミンは体内で、酵素によって分解されているのです(アミン酸化酵素オキシダーゼという酵素によるものです)。ところが、この酵素のひとつが働かない人がおり、その場合に、ヒスタミンを十分に分解できません。このときにヒスタミンの働きによって、さまざまな症状を起こしてしまうのです。
こうした人においては、ヒスタミンが豊富な食品やお酒、ヒスタミンが含まれる薬やヒスタミンを分解するための酵素の働きを妨げる薬などをとっていると、ヒスタミンが過剰になって、アレルギー反応に似た数多くの症状を引き起こします。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.