ビューティ情報『普通の枕? 抱き枕? 自分に合った快適な寝具で寝苦しい夏の夜を乗り切ろう☆』

2019年7月20日 11:00

普通の枕? 抱き枕? 自分に合った快適な寝具で寝苦しい夏の夜を乗り切ろう☆

目次

・「冷感シーツ」で涼しい夜に
・枕は寝る体勢に合わせて選ぶ!
普通の枕? 抱き枕? 自分に合った快適な寝具で寝苦しい夏の夜を乗り切ろう☆
夏の暑さ対策は日中だけでなく、夜寝るときにも必要。快適な睡眠をとるために、布団や毛布を夏用に切り替える人も多いのではないでしょうか。しかしせっかく夏用に切り替えても、間違った寝具の選び方をすると寝苦しさが増す原因に。ネット上では、「かけ布団ってどこまで薄くて大丈夫なんだろう」「クーラーつけっぱなしだと体が冷えないか心配」「もっと涼しくなる方法が知りたい!」と悩む声が続出しています。寒さは布団をかぶれば解決しますが、暑さへの対策がわからないという人が多いよう。そこで今回は、夏を乗り切る寝具の選び方をご紹介しましょう。

「冷感シーツ」で涼しい夜に

ベッドのシーツを整えている画像

6月12日放送の「あさイチ」(NHK)では、熱帯夜を迎える前に用意しておきたい夏用寝具について特集。東北福祉大学・感性福祉研究所の水野一枝先生が、寝苦しさを改善するアイテムや寝室の環境づくりについて教えてくれました。
まず最初に見ていくのは、暑さを和らげる「冷感シーツ」と呼ばれるアイテム。多くの冷感シーツには「Q-max値」という数値が書かれおり、数値が大きいものほど冷たく感じます。冷たいのはさわった瞬間からほんの数十秒ではありますが、寝返りのたびに効果が得られる点が人気のよう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.