ビューティ情報『目標は1日に野菜350g! ムリなくおいしく野菜をとる方法』

2019年5月23日 08:00

目標は1日に野菜350g! ムリなくおいしく野菜をとる方法

目次

・加熱調理なら、かさが減って食べやすい。生食で酵素&ビタミンCをGET!
・トマト1個+パプリカ1個+きゅうり1本。シンプルな「野菜セット」で350gもラクラク!
目標は1日に野菜350g! ムリなくおいしく野菜をとる方法
キレイと元気のためにも、ビタミン・ミネラル、食物繊維の多い野菜はしっかり摂りたいもの。でも、忙しい現代人の食生活は、外食が多かったり、肉食に偏ったりなど、野菜不足になりがちです。厚生労働省では、成人は1日に野菜を350g以上摂ることを目標としていますが、「350g」といわれても、何をどう食べたらいいのか、実のところよくわからないという人が多いのではないでしょうか?そこで、管理栄養士の大越郷子先生に、野菜350gを無理なく摂るコツを教えていただきました。

加熱調理なら、かさが減って食べやすい。生食で酵素&ビタミンCをGET!

目標は1日に野菜350g! ムリなくおいしく野菜をとる方法

「野菜の量を摂るには加熱調理がおすすめ。かさがぐっと減るのでたくさん食べることができます。加熱することで吸収率が高まるなど、栄養価がアップするものもあります。トマトの赤い色素成分・リコピンがその例。強い抗酸化パワーがあり、美肌やアンチエイジングに欠かせない成分ですが、このリコピンを積極的にとりたいなら、トマトはぜひ加熱調理を。
一方、生の野菜を食べることのメリットも、もちろんあります。消化やエネルギー代謝、新陳代謝などに深く関わり、疲労回復、美肌作り、ダイエットをサポートするといわれる酵素は熱に弱いので、生食することで効率よく摂れます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.