ビューティ情報『赤身魚、青魚、白身魚…ダイエット中に向いている魚を色別に解説!』

2019年5月15日 07:00

赤身魚、青魚、白身魚…ダイエット中に向いている魚を色別に解説!

赤身魚、青魚、白身魚…ダイエット中に向いている魚を色別に解説!
「ダイエット中は、白身魚以外はNG?」「青魚は体にいいっていうけど、やっぱりカロリーが気になる」など、魚をどう食べたらいいのかわからないという人もいますよね。赤身魚、青魚、白身魚のうち、どれがいちばんヘルシーなのか、管理栄養士の大越郷子先生に魚の選び方と上手な食べ方をうかがいました。

目的に合わせて“色”で選ぶ

赤身魚、青魚、白身魚…ダイエット中に向いている魚を色別に解説!

良質なたんぱく質が豊富で、肉に比べて低脂肪の魚。低糖質で、糖質制限をしている人にもうれしい優秀食材です。身の色によって赤身魚と白身魚に分けられ、赤身魚のうち、背に青みのあるものが青魚です。
「白身魚は、赤身魚や青魚よりも低カロリーで、ダイエットの強い味方です。でも、赤身魚や青魚には、白身魚にはない栄養素や健康成分も多いので、カロリーだけで判断しないで、それぞれの栄養の特徴を知ることが大事です」(大越先生)
まずは、白身魚をチェック!
たら、たい、すずき、かれい、ひらめなどがその代表格です。脂質が少ない分、味も淡泊。そこで、ハーブやスパイス、柑橘類、酢などと組み合わせ、風味や酸味をプラスすることで、ヘルシーさはそのままに、味のものたりなさを補うことができます。唐辛子やカレー粉、こしょうなどの辛味スパイスを使えば代謝がアップし、脂肪燃焼効果も得られます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.