ビューティ情報『食べグセを改善したい!食欲をコントロールするにはどうしたらいい?』

2019年5月29日 05:00

食べグセを改善したい!食欲をコントロールするにはどうしたらいい?

それなのに、満腹でも目の前のお菓子を食べたくなるといったことが、なぜ起きるのでしょう
「そのカギをにぎるのは、脳の前頭連合野と呼ばれる部分。前頭連合野は嗅覚・視覚・味覚といった情報を集めて総合的に判断したり、新しい記憶を、過去の記憶と照らし合わせて判断したりする働きがあります。そのため、食べ物を前にすると、その見た目やにおいといった情報を、過去の経験に基づいて判断していきます。そして『おいしい可能性が高い』と結論を出すと、摂食中枢にその情報を送ります。それによって、満腹でも食べたいという気持ちが起きるのです」(片山先生)

食べる必要がない理由を脳に納得させて食欲セーブ!

おいしさを味わう快感を得ようとして生まれる、ニセの食欲。これに従ってばかりいては、当然、体はエネルギー過多となり、太ってしまうことに。こうした食欲とどのようにつき合っていけばいいのでしょうか。
「ニセの食欲は、脳が自ら生み出したもの。それによって欲する食べ物は、エネルギーとしては必要のないものです。それなのに食べたいと思うのは、そこから得られる快感を欲するあまり、本当は不必要な理由を、脳が納得できていないため。つまり、理性が働いていない状態なのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.