「ワンカラー」or「色×色」今年の秋冬はどっちでいく?

2017年10月13日 07:00
 

2017年秋冬のメイクは、「ワンカラーメイク」と「色×色メイク」に二極化予想。あなたはどちらのメイクがお好みですか?それぞれのメイクのメリットや、メイクの方法を紹介します。

ワンカラーメイク

ノーテクニックで上品見えの最強テク

Beautiful woman with winter hat


ポイントメイクの色を同系色に揃える「ワンカラーメイク」は、メイク初心者さんでも上品かつ素敵な仕上がりになるため便利。特に今年の秋冬は、このメイクの方法がトレンドのため、イマドキ感まで加わり最強なんです!

使う色によってイメージに変化をつけることができるため、どんな気分やファッションにもマッチします。メイクや色選びに迷ったときは、こちらの方法がおすすめ。

ピンク・オレンジ・レッドのワントーンなら遊び心もget!!

What a beautiful complexion!


「今日は何色を使ってワントーンメイクにしよう」なんて悩んだときは、唇・頬に使ったときに美しく決まる色に、アイメイクを合わせるのが最も簡単。ピンクを使うと女性らしく、愛らしい印象に。オレンジならば、元気でハツラツ。そして、レッドだとほんのり色っぽく仕上がります。

これらのカラーを用いることで、統一感と上品さのあるメイクに、遊び心が生まれるため、女子会やパーティシーンでも大活躍の予感です。

アイライン・マスカラは、ブラックかブラウンでまとめるようにしましょう。

ベージュワントーンはまつ毛orアイラインにポイントを

Beautiful woman with make up


上品の極みはやっぱりベージュのワントーン。お仕事シーンでも使える、万人受け確実のメイクです。

だけど、ベージュで揃えると、つまらない顔や、インパクトに欠ける表情になってしまうことが不安になりますよね?そんなときは、まつ毛かアイラインのどちらかにポイントを作って!

束っぽいドーリーなまつ毛メイクにすると、可愛いさアップ。目尻をハネ上げた太めのアイラインを引くことで、大人の色気が加わります。自分のなりたいイメージやシーンに合わせて、これらのメイクを足してみて。

日中はシンプルなベージュワントーン、そして夜になったらまつ毛メイクかアイライン、どちらかをチェンジするのも良いでしょう。するとそれだけで、ちょっとしたパーティーやデートに最適のメイクに生まれ変わります。

色×色メイク

一見難易度高め?!でも、実は簡単オシャレ!

Portrait of a beautiful woman with long red hairs and


アイメーク・チーク・リップにそれぞれ違う色を使うメイクは、色のバランスや相性を間違えるとおかしなことになってしまうため、一見難易度高めに思えます。ですが実は、組み合わせをちょっとだけ考えてあげると、オシャレ度が一気に高まる簡単メイクなのです!

ファッションでも、色と色、柄と柄を組み合わせるコーディネートが注目されているように、メイクの世界も日々自由度が高まっています。コスメのアンダーカラーやラメの色を揃えることを意識するだけで、統一感が生まれるのでチャレンジしてみては?!

ブルー×青みピンクは相性抜群

Beautiful woman young model with pink lips and pink manicure


ブルー系のアイメイクに合わせるチーク・リップのカラーでおすすめなのは、ベースにブルーの入ったピンク色。この2つを組み合わせると、透明感のあるピュアな印象に仕上がります。

ネイビーのアイメイクには、青みのあるレッドにするなどし、少しそれぞれのトーンに深みを加えることで応用ができます。

ほかにも、オレンジやイエローでアイメイクをした場合は、唇に朱赤を用いるなど、色のベースを考えた色選びをすると吉。

クリスマスっぽい!グリーン×レッドはブラウンベースで揃えて

Beautiful woman with bright make-up


冬になるとしたくなる組み合わせと言えば!クリスマスモード全開のグリーン×レッド。こちらの色の組み合わせは、一歩間違えると個性が出過ぎてしまうため、日常生活で取り入れるためにはちょっぴり工夫が必要です。

普段メイクで取り入れるときは、ベースにブラウンを用いると自然になじみます。「アイシャドウにブラウンを使い、アイラインにグリーン」、「ブラウンをアイホールに広げ、二重幅にグリーン」などの組み合わせてアイメイクし、ブラウンレッドの口紅を。チークはブラウンで引き算するか、口紅と同じくブラウン系のレッドを選びましょう。

「ワンカラー」or「色×色」どちらのメイクがお好みですか?

選べないあなたはファッション・シーンに合わせて二刀流

オシャレなファッション


「ワンカラーメイク」と「色×色メイク」あなたはどちらのメイクが今年の気分?どちらも魅力的で選べない!なんて言う方は、ぜひ、ファッションやシーンに合わせてどちらのメイクもしてみて。

例えば、ファッションがモノトーンなど落ち着いた色の場合は、メイクに色を。そして、お洋服や小物に色を使うときは、それらと相性の良いワントーンでお顔を仕上げるようにすると、全体のバランスが上手く取れます。

秋冬は、ファッションが重たくなる分、メイクで抜け感や遊び心を加えるのが、おしゃれ上級者に見える秘訣です。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.