ビューティ情報『“スミス楓”に学ぶ!2017冬注目「毛並み感アイブロウ」の魅力とメイク法!』

2017年10月25日 18:00

“スミス楓”に学ぶ!2017冬注目「毛並み感アイブロウ」の魅力とメイク法!

太眉ブームが終わり、眉デザインのトレンドは多極化。石原さとみさんや沢尻エリカさんは細めだし、綾瀬はるかさんは、目と平行のナチュラル眉。そして、北川景子さんはやや角度のある眉・・・。と、千差万別。ですが、2017年冬の注目アイブロウ、共通項は「毛並感」です。

毛並みのある眉ってこういうこと!

お手本は“スミス楓”さん

スミス楓さん(@kaede_929)がシェアした投稿 – 2017 10月 5 6:27午前 PDT

・お手本は“スミス楓”さん
・①立体的な顔立ちに見える
・②なんとなく美人に見える
・③眉なし・薄眉さんでもしっかり眉に見える
・毛なしさんは描き足す
・ボサ眉さんは整える
・薄眉さんは増殖風
細眉ブームのときは、「毛っぽさ」なんていらない時代。そのあと訪れた太眉文化で、眉は「毛」としての存在感を担うパーツへと進化を遂げました。そして、マックス太い時代が終了し、ナチュラルさを求めるようになった現在でも、「毛並み」は重要視されているのです。

昔のように、毛の存在感を消すよう脱色したり、明るい眉マスカラを塗ったりしてはだめ。短く切りそろえてもだめ。眉頭の毛をしっかり立ち上げ、眉中~眉尻までの毛も、その流れを生かすように整えるのが2017年冬流です。

自眉の長さやボリュームが足りない人は、とにかく限界まで生やしてみて!それでもあまり毛並み感が生まれない人は、メイクで描き足す・毛に長さを出して見せる、ようにしましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.