ビューティ情報『時代は“幅狭二重”でしょ!「素の目」を輝かせるワンポイントテクニック』

2017年12月1日 07:00

時代は“幅狭二重”でしょ!「素の目」を輝かせるワンポイントテクニック

一昔前は「ハーフ顔」、「ギャルメイク」、「キャバ嬢モデル」・・・などのトレンドで、目頭~目尻までくっきりとした幅の広い二重が流行り、それにともない“二重コスメ”の使用や“プチ整形”をする人も。

だけど、ナチュラルメイクが加速している今では、むしろ“ありのまま”の幅狭二重が可愛いんです!よく考えるとあのアイドルも、あの女優もそう!だけど、これまで二重メイクをしていた人は、それをやめたあとのメイクに悩むでしょ?そこで!日本人らしい、素の目を輝かせるアイメイク法を教えます。

目次

・でも「素の目」のメイク法がわからない・・・
・①目頭の被った幅狭二重(奥二重)
・②目頭が目尻に向けて広がる幅狭二重(末広型)
・③目力がある平行幅狭二重(平行二重)


時代の流れ・年齢で“二重コスメ”を卒業した!

でも「素の目」のメイク法がわからない・・・

Asian beauty in studio


ハーフ顔メイクやギャルメイクが流行った時代は、濃いアイメイクをすることで、大きくホリの深い目を作るメイクがトレンドでした。カラーコンタクトやつけまつ毛を装着し、太めのアイラインを引くためには、広い二重幅が必須。

また、「キャバ嬢モデル」も登場し、彼女たちのような、くっきりとした幅広い二重に憧れたもの。

だけど、時代は変わり、どんどんアイメイクがナチュラル化。「アイラインレス」、「自まつ毛」、「裸眼」でのメイクには、もう広い二重なんていりません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.