ビューティ情報『バストのために“お金”と“手間”をかけよう!「ブラ選び」と「つけ方」のコツ』

バストのために“お金”と“手間”をかけよう!「ブラ選び」と「つけ方」のコツ

2018年2月14日 18:00
 

かなり年齢が出やすく放っておけば容赦なく垂れさがってきてしまうバスト。普段あまり見せる機会がないからと言って油断していませんか?バストは谷間のあたりがふっくらとしてハリがあれば、若々しく見えます。
バストケアをすることで鎖骨やデコルテのあたりも綺麗になりますので、バストケアには手間をかけてあげましょう。

バストは放っておけば垂れ下がる

関連リンク

・カラダのコンプレックスを隠す!悩み別痩せ見えファッション特集【お尻編】
・【動画あり】筋トレで太ももを太くしない!下半身痩せの正しい方法
・【おしり痩せで美尻に!】おしりが太る理由とおしり痩せの方法とは?
shutterstock_429052153


あたりまえのことですが、地球には重力があり、バストは放っておけば下へ下へと引っ張られていきます。そして、いずれは垂れさがってくるのは自然なことなのです。ですから、重力に負けないように、バストをしっかりと支えてあげることが大切になります。

また、肌のハリを保つためにバストの保湿も日々行ってあげると、さらに効果的です。肌も加齢とともに張りを失って行く部分ですから、同時にケアしてあげるとよいでしょう。

そしてバストケアはマッサージや筋トレもいいですが何といってもいいブラジャーをすることが重要です。ブラには少しお金をかけて、つけるときにはひと手間かけて、しっかりと胸を支えてあげるようにしましょう。

「ブラ」は、バストを支える重要なアイテム
shutterstock_471830261


ブラは毎日バストを支える重要なアイテムです。自分に合った良いものをしていれば、胸の形をくずさずに、綺麗なふっくらとしたバストをキープしてくれるでしょう。

ブラはしっかりとよいものを選べば、バストにとっては最高のアイテムになりますが、形の合わないものを無理につけていると、バストの型崩れの原因となってしまいます。きちんと良いものを選ぶようにしましょう。

ブラ選びのコツは3つ
ブラを選ぶコツは基本的に3つです。デザインを抜きにして、胸を支えるというポイントに絞って考えていきます。

自分の胸に合っている形であること(試着する)

shutterstock_501904318


まずは自分の胸にしっかりと合っていることです。ブラはメーカーやシリーズによって胸の形に差があります。自分の胸の形に合ったものを選び、また、なりたい形に合わせてブラを選ぶことも大切です。その際には必ず試着をして、自分のバストに合わせてみましょう。試着の際に肩ひもの長さを調整することも忘れないようにしてください。出来るなら、お店の人に手伝ってもらいましょう。

バストをしっかりと持ち上げてくれること

shutterstock_578728897


ブラはバストをしっかりと持ち上げてくれるものを選びましょう。ブラの中には下の部分にパットが入っていて、それによって胸を上げてくれるもの、また寄せる機能の強いものがあります。バストをしっかりと上げたい場合は、下の方にパッドが入っているものを選びましょう。

アンダーバストが合っていること

shutterstock_535905445(1)


アンダーバストの部分が緩いと、ブラは胸を持ち上げる効果がなくなり、きついと血流が悪くなったり、苦しく感じる原因になります。アンダーバストが苦しくなく、ほどよく体に沿ってくれるものを選びましょう。

背中部分のお肉が段にならないようなものもおすすめです。特に夏場はブラの形が服の上からも見えやすいので、こだわって選びましょう。

「ブラ」のつけ方3つのコツ
shutterstock_467533874


ブラをなんとなくつけてはいませんか?ブラをつけるにも正しい方法があります。少なくとも3つのコツを押さえてつけていけば、ブラによって胸をつぶしてしまうことはないでしょう。

まずはアンダーバストをしっかりと合わせる

まずはアンダーバストをしっかりと合わせてブラを装着しましょう。

バストをカップの中にしっかりと入れ込む

次に、バストをカップの中にしっかりといれこむようにします。手のひらで背中や腹部からお肉を集めてきて、なるべくカップの中に、多くのお肉が入るようにしていきましょう。

胸の谷間をふんわりと持ち上げる

最後のブラの中に手を入れて、お肉が真ん中に集まるようにふんわりと寄せあげましょう。左右両方のバストで行うことで、胸の谷間をふんわり作り上げることができるのです。とにかくすべての肉が真ん中に寄るように、しっかりと胸を集めてあげましょう。

ブラの消費期限はおよそ1年
shutterstock_400197442


ブラの消費期限はおよそ1年。それ以上長く使用していると、ブラが痛んで、しっかりと胸を持ち上げる力がなくなってしまいます。もったいないといつまでもブラを使い続けず、形が崩れてきていないか、1年ごとに見返しましょう。

「ブラ選び」と「装着」は手を抜かず、“お金”も“手間”もしっかりかけよう!
shutterstock_575171944


ブラ選びに手を抜くと、バストはどんどん垂れて形が崩れていってしまいます。ブラ選びには時間と手間をかけ、お金もなるべく惜しまないようにしましょう。未来の胸まで美しくするために、ブラをもう一度見返してみてくださいね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.