ビューティ情報『走れば変わる!確実に”ダイエット”に効く「ランニング方法」とは?』

走れば変わる!確実に”ダイエット”に効く「ランニング方法」とは?

2018年2月19日 14:00
 

継続は力なり。内側から本気で変わりたい人のためのランニングダイエットのメリットややり方をご紹介いたします!

気分爽快!ランニングダイエット!

関連リンク

・サマーシーズンの水分補給は肌をキレイにするドリンクで♪
・脂肪を燃やしてロコモ予防 1日2分の「がんばらないスクワット」
・切りっぱなしボブはパーマでおしゃれにアップデートして♡
shutterstock_586742783


ダイエットがつらい原因は厳しい食事制限ですよね。ランニングダイエットは「食べたいものを食べて痩せたい!」という願望を叶えてくれるダイエット方法です。

さらに、デトックス・ストレス解消・美肌・健康などダイエット以外にも嬉しい効果が期待できます。ランニングを味方につけて、ヘルシーな体を手に入れましょう!

ランニングがダイエットに適しているわけ

1.効率的にカロリー消費できる!

shutterstock_219760009


1ヶ月に1キロ体重を落とそうと思ったら120キロ走る必要があります。120キロと聞くと気が遠くなる数字ですが、1日あたり4キロのランニングで効果が出ます。30分程度のランニングです。

ランニングを1ヵ月続けると食事制限なしで体重を1キロ落とすことができます。1日1時間走ると1ヶ月で2キロ痩せられます。

2.むくみ改善

shutterstock_77496625(1)


ランニングにはデトックス効果があります。運動を習慣化することで、しっかりと筋肉がつき、リンパや血液の流れがよくなるのでむくみが解消されます。オイルでふくらはぎをほぐすことでほっそり見えますよね。むくみを解消するだけで体重が落ちたように感じられます。

3.食欲を抑えられる

shutterstock_179733878(1)


血糖値が低いとエネルギーを求めて”食欲”となります。ランニングをすることで血糖値が上昇して空腹がまぎれ痩せやすい体質になります。「なにか食べたい!」というときにこそランニングをするのがおすすめです。ダイエットに効果的な走り方

1.運動量と食事・睡眠をバランスよく

shutterstock_547782214


体重を落とすことに意識を向けて無理は禁物です。1ヶ月に多くても2キロを落とすイメージでチャレンジしましょう。日頃運動不足な人や、朝ラン派の人は貧血が起こりやすいです。ランニングダイエットは、「今すぐに効果が欲しい!」という方には向かないでしょう。じっくりと体力づくりをすることで、リバウンドのないヘルシーで女性らしい体をつくれるからです。

2.20分以上走る

shutterstock_639941500


ランニングダイエットは有酸素運動の効果でやせることができます。走りだして20分ほどが経過すると脂肪がエネルギーとして代謝されていきます。体が慣れるまでは30分走って10分ウォーキングをするのがおすすめです。

3.食事

shutterstock_541238296


朝ランニング派の人は、夕食をしっかり摂って、起床後水分補給をしっかりしてからランニングすることで脂肪燃焼が期待できます。夜ランニング派の人は昼食をしっかり食べてからランニングすることで志望燃焼効率高まります。ランニング後の食事に大切なのは、量より質!程よく筋肉質なヘルシーボディになりたい人は、運動後にたんぱく質をとることで筋肉になってくれます。

4.はじめは3日に1回でOK

shutterstock_638408905


いきなり「今日から頑張って朝晩毎日走ろう!」と志すのはやめましょう。筋肉は疲れるとやせ細り、痩せにくくなってしまいます。はじめのうちは筋肉痛もあるのでしっかり筋肉を休ませてあげましょう。朝ランor夜ラン、ダイエットに適しているのはどっち?
shutterstock_582993112


結論からいうと、朝ランも夜ランもダイエットの効果は変わりません。朝ランで代謝を上げることで日昼に代謝を上げることができますが、普段運動しない人が無理に朝ランすると貧血やケガを起こしかねません。

朝の忙しい30分は貴重ですし、なによりランニングは継続することで効果を得ることができるので朝ランにこだわりすぎる必要はありません。毎日の生活リズムの中に無理なく取り入れて、続けられるようにしましょう。

痩せる走り方とは?正しいフォームで走ろう!

1.準備運動はしっかり

shutterstock_285592919


フォームが乱れるとかえって脚が太く見えてしまう場合があります。まずは準備運動をしっかりと行いましょう。上半身がしっかりほぐれていないと、脚だけに負担がかかって脚が太くなったり疲れやすかったりします。無理に反動をつけて筋を伸ばさず、ゆっくりと体の重みでほぐすイメージで行いましょう。

2.全身を使って走る

shutterstock_112330751


あごを引いてしっかり正面を見据えましょう。かかとから腰骨の下あたりに着地するように意識して走りましょう。腕は、肩甲骨から後ろに引くのがポイント。胸を開いて走ることで下半身だけでなく全身で走るフォームになります。

全身で走ることで体のバランスを崩すこともなく、一箇所に負担をかけることもなく走ることができます。継続するためには、正しいフォームで走ることがとても大切になります。

「ランニング」で痩せる体の”土台”をつくろう!
shutterstock_750274864


ここまで、ダイエットに適したランニング方法をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?ランニングは美肌づくりと似ていて、内側から支える土台を作ることができます。美肌づくりにはある程度お金がかかりますが、ランニングにはお金がかかりません。

次の週末に早速気持ちのいい公園や川沿いを走ってみてはいかがでしょうか?気分爽快で、休日をエンジョイできること間違いありません!

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.