ビューティ情報『“平面顔”の時代到来!「日本人顔」を活かすとっておき”可愛いモテメイク”!』

“平面顔”の時代到来!「日本人顔」を活かすとっておき”可愛いモテメイク”!

2018年2月14日 06:00
 

少し前まで「ハーフ顔」、「外国人風」が流行り、顔に立体感を持たせるメイクがトレンドでした。だけど、いよいよ日本人らしい“平面顔”の時代が来ているってう・わ・さ。日本人顔のメリットはズバリ、色あせないピュアさです。自分の生まれ持った遺伝子を最大限に可愛く見せるメイクで、2018年はモテまくりましょう。

立体感・ホリよりなにより“平面顔”が今キテる!

目指すは“吉岡里帆”さん

公式『きみが心に棲みついた』 2月13日❤️第5話❤️さん(@kimisumi_tbs)がシェアした投稿 – 12月 3, 2017 at 12:35午前 PST

「鼻がもう少し高ければ・・・」、「おでこに丸みがあったら・・・」そんな風に考えて、濃いノーズシャドウや、舞台メイクのようなコントゥアリング、していませんか?

「ハーフ顔」を求めたギャルメイク文化から始まった、外国人のような凹凸を求めるトレンドが、「コントゥアリング」で成熟化。昨年、「ソフトコントゥアリング」のブームで、その傾向がやや落ち着きを見せたことで、どうやらその意識に、変化が生まれているみたい。

それを証明するかのごとく、今、女性誌の表紙をにぎわせているのは、日本人らしい顔の美女「吉岡里帆」さん。 彼女のような、ピュアで「隣にいそうだけどいない」そんな可愛さこそ、2018年のモテ顔No.1予想。

平面顔はNEXTトレンド!!なだけでなく“老けにくい”

だから永久にあなたの時代が継続する

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 – 1月 9, 2018 at 10:33午後 PST

2018年注目の顔である“平面顔”って、これまでのトレンドと違って「今だけ」のものではなく、ずっと色あせない永久不滅の可愛さだってお気づきですか?

何を隠そう、“平面顔”って、老けにくいのです。「欧米人と比べて日本人は若く見える」と言われる理由も実はここにあり。「鼻に特徴がない人ほど老けにくい」と言われるように、日本人特有の小さくて低い鼻は、「老けない顔」の代表格なのです。

だから、今年トレンド間違いなし、平面顔のあなたは、10年後も20年後も・・・時代が終了することなく、永久に今の可愛さを継続できる可能性を秘めています。そういえば、「奇跡のアラフィフ」と言われ、若い頃より今のほうが魅力的にさえ見える石田ゆり子さんも、平面顔の美女。

では、無駄に立体感を出そうとせず、そのままの顔を活かした、「可愛すぎるメイク」の方法は?

“平面顔”を活かす!!とっておき可愛いメイクの方法

“ツヤ感”でゆるく立体感を加える

関連リンク

・【動画あり】くっきり鎖骨が出現♡魅力的なデコルテラインができるエクサ
・きゃりーぱみゅぱみゅ、新CMでほぼすっぴん姿を披露
・分け目を変えて印象アップを目指そう♡
Summer Beauty


「“平面顔”を活かす」とは「立体感を消す」という意味ではありません。マットな肌に仕上げると、一切の凹凸感のぺっとした顔になってしまうので気をつけて。

あなたが本来持っている、頬や目の丸み、鼻先やアゴなどを活かしメリハリをつけましょう。

ツヤ肌になるようにベースメイクをすることで、生まれ持った凹凸を活かしたさりげない立体感が生まれます。不要なハイライトやローライトで質感を消さないようにし、ファンデーションも極薄がポイント。

眉は“うぶ毛”感を残す

Woman with eyes closed


眉と目の距離が離れていると、老けた印象になってしまうので要注意。かといって、その距離を近づけるようにするメイクは、せっかくのピュアな魅力を消してしまうからしてはだめ!

ほどよい幼さを残したまま、老けさせないためには、“うぶ毛”で距離を埋めてあげる方法がおすすめです。

まず、自眉を出来るかぎり生やしましょう。眉の下側のうぶ毛は、最初のうち邪魔に思えても、最終的に必要な毛になる可能性があるため、はやまって抜いてはいけません。

そして、眉がしっかりと生えたら「本当にいらないところ」のみ整えて。眉下方のうぶ毛部分は、眉を描く時はなぞらなくてOK!だけど、抜いたり剃ったりせず、キープしておいて。

“すだれまつ毛”が色っぽい

すだれまつ毛


まつ毛をビューラーでカールアップさせ、根元からマスカラをたっぷり塗ると、目がカッと開いて見え、瞳が大きく見えます。

だけど、「モテ顔」を作るなら、あえてカールアップさせない“すだれまつ毛”で、アンニュイな色っぽさを加えてみて。比較的幼く見える「平面顔」に、流し目風の色気を掛け合わせることで、絶妙な化学反応発生。

立体顔やハーフ顔の方には出せないその色気が、一気にモテを加速させます。

“透け赤リップ”でピュア&セクシー

Yummy kiss.


基本的に、ナチュラルなメイクが似合う“平面顔”さん。メイクのポイントを唇に持ってくることで、顔がぼけてしまうのを防ぎましょう。

このときおすすめのカラーは、ズバリ「赤」。すだれまつ毛と同じく、可愛らしい顔へのスパイスとなり、メイクでギャップの演出ができます。

赤は赤でも、マットな赤や深紅のルージュではなく、“素の唇が透けるようなジューシーな赤”が、2018年のトレンド的にも顔的にも大正解。

リップバームやリップグロスの赤色を用いて、ピュアさとセクシーを兼ね備えた唇を目指して。

2018年モテるのは!ピュアな色気が加速&継続する“平面顔”で決定!

shutterstock_227956822


もう、本来の骨格を無視したメイクをしたり、顔を変えることを考えたりするのは卒業。だって、2018年は、「日本人らしい平面顔」の時代なんですもの。

生まれ持った骨格を活かしたナチュラルなメイクは、それだけで魅力的。加えてトレンドが追い風の今!!「日本人顔」を活した、とっておきのモテメイクを施し輝く笑顔を振りまけば、無敵のあなたのスマホが、鳴り止むことはないでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.