ビューティ情報『”自己満”上等!コスメにお金をかけたい4つの理由!』

”自己満”上等!コスメにお金をかけたい4つの理由!

2018年2月16日 20:00
 

女はお金がかかるもの。特に、美容代って無限大。数ある美容代の中でも、もっとも削りやすいのって、「コスメ代」じゃない?だけど、自己満だからこそ!コスメにかけるお金を惜しみたくない理由があるのです。

コスメにお金をかけるのは”自己満の極み”である

ファッションのように本人を見ただけではトータル価格がわからない

関連リンク

・「寝坊した!」を感じさせない、ちゃっかりキレイになれるメイクのコツを伝授♡
・万能だからこそアレンジ自在!ステキ過ぎるショートボブ特集
・黒髪に似合う前髪は?ショート~ロングまで可愛さアップデート♡
shutterstock_451599313


女がお金を投資したいものと言えば、「見た目」と「美容」。コスメ以外でもザッと並べただけで、服装飾品である服やバッグ・靴、それに、美容院やエステ、食事などが浮かびます。

そして、服やバッグ・靴は、見た目でブランドや生地の質感が素人目でもわかるため、おしゃれさんなら絶対に外せない部分。ファストファッションを上手に活用する方でも、毛玉がついたり破れたりした服は、さすがに処分することでしょう。

また、パサパサの髪や根元の地毛色が目立つ髪、白髪もやっぱり目で見てわかるから、定期的に美容院に通うこともやめられない。

こうなってくると、いくら働いても収入と支出のバランスが取れないため、贅沢美容であるエステがまず節約対象になり、食事は自炊で美容と節約の両立を目指すことに。さらにはコスメにかける予算も減らすことになるのでは?

だって!!コスメはファッションや髪と違って、プチプラかデパコスかのどちらを使っているかなど、化粧顔を見ただけではプロでも判断できないはず。それに、割れたコスメや汚いケース・ツールを使っていても、それがバレることもありません。

そう、つまり。コスメにお金をかけるかかけないかって、「自己満」なのです。

このように、他者にバレないからこそ、コスメ代をいくら節約しても、ファッションにお金をかけることで「セレブ風」を装えるし、髪をきれいに保つことで「美人」にも見せられます。だけど、それでもお金をかけることに意味がある!それが「コスメ」です。

1番節約できるけど!それでもお金をかけたい理由とは?!

①プチプラでもOK!!「単体価格」ではなく「買替頻度」が大事

使用期限や衛生面を守ることは美の基本
清潔感


「コスメ代を節約しない」とは、「単価5,000円以上のデパコスを購入しろ」という意味ではありません。むしろ、プチプラコスメでOK!!だって、最新では非常に質が高いドラッグストアコスメに溢れているのですから!

ケチってはならないのは、単価ではなく、買い替えの頻度です。

コスメには、使用期限があるのをご存知でしょう。個体差はありますが、購入から2年、開封から1年程度で品質が低下します。また、使用方法によってはそれよりも早く劣化してしまうことも。

「いつ買ったか記憶にないコスメ」を、なくならないからと永久に使用しているのは、菌を顔に塗りつけているだけの可能性もあるので、絶対にしてはなりません。

②質感トレンドは数年ごとに変化する

最新コスメを使えばノーテクニックでトレンド顔に
shutterstock_439265086


メイクのトレンドって、数年で驚くほど変わるもの。それらを全て追っていたら大変だし、なによりトレンドメイクが100%似合うかどうかはわかりません。だけど、「時代遅れ」な顔にもなりたくないですよね?

そんなとき、「ココさえ抑えておけば大丈夫」なのが「質感」です。ツヤ・マット・グリッター・・・など、メイクの質感トレンドだけでも追うと、一気に今風に。それは「今年発売されたコスメ」を購入して使うだけでクリアできるだめ、誰でもノーテクニックで大丈夫。

③コスメは下着と同じで“見えない”おしゃれ

ふとしたときに女レベルの差が出る
Woman undressing at home


普段見える顔や服、脚にだけ気合を入れて、下着がヨレヨレ・むだ毛がひどい・お腹やお尻がだらしない・・・女性って、同性として恥ずかしく感じるもの。

コスメも、それらと同じ「見えないおしゃれ」の一環なのです。

ふとした瞬間に、女性のコスメポーチって目が行きます。そんなとき、粉々になっていたり、汚れ・破損が目立ったりするコスメを使っている人のことって、ガサツに感じませんか?

④基本的に“消耗品”だから使うことで効果が見える

”ケチケチ”ではなく”がっつり”使うのが「美」への道
スキンケア


コスメは消耗品であることが大前提。当たり前に、使うたび減っていきます。スキンケアにしてもメイクアップにしても、それぞれ“適量”があるのに、それ以下の量を、ケチケチ使用していては、100%の効果を得られません。ケチることなくがっつり使用し、そして底が見えたら買い換える。この投資こそ、「美」の基本。

見えないからこそお金をかけてナンボでしょ!!

がっつり消耗&自分なりの最高コスメを使えば美人オーラだだ漏れ

鏡台


「使うコスメの単価を上げる」、「プチプラをデパコスにする」と言った投資も、もちろん自分の気分を上げてくれるし、年齢や女性としてのレベルアップに合わせてブランドを上げていくのもとってもおすすめ。

だけど、勘違いしないで欲しいのは、「コスメにお金をかける」とは「プチプラコスメを使わない」という意味ではないということ。

普段人に見せることがないアイテムだからこそ、手を抜くことやキャラじゃないデザインに手を出すことができるのが「コスメ」です。だけど、せっかく女に生まれたからには、「見えないところの手抜き」だけは止めませんか?

自己満だけど、自分なりの最高コスメを毎日適量使えば、それだけで、美人オーラが内から溢れてくるはず。コスメは、女を綺麗にする魔法をかけてくれる、とっても便利な道具です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.