ビューティ情報『「アイホール」「目のキワ」ってどこ?アイメイクにまつわる知識をおさらい!』

「アイホール」「目のキワ」ってどこ?アイメイクにまつわる知識をおさらい!

2018年2月19日 16:00
 

雑誌などでアイメイクのHow toに欠かせない「アイホール」や「目のキワ」という言葉。正直、どこかわからなくて、メイク法が知りたいのに、混乱してしまうなんてことはありませんか?そこでこれらの知識をおさらいしましょう! 目元のパーツのほかにも意外と知らないアイシャドウのパール・ラメ・グリッターの違いもご紹介します。しっかり理解することでメイクもさらに楽しくなりますよ♡

知れば絶対にメイクがうまくなる!目元のパーツあれこれ

アイホール

関連リンク

・え?!「光ダメージ」でこんなことに?!“紫外線” “近赤外線” “ブルーライト”から肌を守る日焼け止め
・ゆにばーす・はらの「無加工盛り写真」にネットがざわつく
・毛穴パテ職人、ついに「最強のパテメイク」を実現
スライド1


メイクのHowtoに一番出てくる言葉と言っても過言ではない「アイホール」という言葉。

アイホールとは、眼球と骨のくぼみに沿ったあたりのことを言います。主にベースカラー(淡い色)を入れます。

まぶた全体
スライド2


アイホールと混同しやすい「まぶた全体」は、眉下から上まぶた全体のことです。ここには、ベースカラー(淡い色)やハイライトを入れます。

二重幅
スライド3


二重幅とは、目を閉じたときに見える二重の線から目のキワのこと。ここにはメインカラーを主に入れます。奥二重や一重の方で二重の線が見えにくい方は、目を開けた時にアイシャドウが少しだけ見えるところまでと覚えてくださいね♡

目のキワ
スライド4


目のキワとは、まつ毛の生え際ギリギリの部分です。ここにはアイシャドウの締め色やアイラインを入れることで、目元全体が引き締まり印象深い目元に仕上がります。

使い分けて魅力的な目元に♡キラキラたちの質感

ラメやパールグリッターなどアイシャドウに入っていてキラキラ目元を彩ってくれるものたち。これらをなりたい印象に合わせて使い分けることでさらに魅力的な目元になれますよ♡

パール
shutterstock_747865183


パールとは、粒子がとっても細かく肉眼で見ることができません。そのため肌になじみやすく、ちらっと光って艶のある上品な目元にしてくれます。オフィシャルな場や大人っぽく見せたいときにはパール入りのアイシャドウを選ぶようにしましょう。ラメ
shutterstock_749351740


ラメはパールよりも大きい粒子で、肉眼で見ることができます。肌になじむことはありませんが、ラメをのせるとキラキラ輝き華やかな印象にしてくれますよ。

ラメの中でも最近トレンドの‘多色ラメ’はピンク・ブルー・シルバーなどの様々なカラーのラメが含まれているアイテムのこと。いろいろなカラーのラメが反射して幻想的な輝きはなっていてとっても可愛いですよね♡

グリッター
shutterstock_201823315


グリッターは粒子がラメよりもさらに大きく、キラキラよりも‘ギラッギラ’という表現のほうがしっくりきます。グリッターを使うとかなり華やかな印象になるため、黒目の上だけ、アイラインのように、と普段使いにはポイントで使うことをおすすめします。

フェスなどのイベントで大胆なメイクをしたいときは思いっきり使うのも◎

shutterstock_291325406


いかがでしたか?普段メイクしていても、なんとなくで捉えていた目元のパーツやラメの種類について紹介いたしました。これらをしっかり理解することでいつものメイクがさらに楽しく、アイメイクが必ず上手になりますよ♡

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.