ビューティ情報『体の内側からも紫外線対策を! UVケアのためのおすすめ栄養素3つ』

2018年3月15日 12:00

体の内側からも紫外線対策を! UVケアのためのおすすめ栄養素3つ

透明感のある美白肌というのは多くの女性の憧れ。そんな肌になるために欠かせないのが紫外線対策ですよね。紫外線対策といえば日焼け止めを使うことが一般的ですが、今年の紫外線対策には“食べ物”も取り入れて、内側・外側からのWケアをはじめてみませんか?
食べ物も取り入れて内側からのケアをすることで、より強固な紫外線対策をすることができますよ。

美白の王道といえば「ビタミンC」

目次

・美白の王道といえば「ビタミンC」
・“若返りビタミン”のビタミンE
・ 食べる日焼け止め?!リコピン
・食べ物でも賢く紫外線対策を!
shutterstock_362885486


美白=ビタミンCというイメージが強いかと思いますが、その通り! ビタミンCには美白に欠かせない大切な役割があります。

まず、“チロシナーゼの働きを阻害してメラニンの生成を抑制”してくれます。シミの原因であるメラニンは紫外線を浴びると、メラノサイトという部分で作られるのですが、チロシナーゼという酵素が酸化することでメラニンが黒くなってしまい、シミにつながってしまうのです。そのため、ビタミンCを摂取するとシミ予防につながるのです。

また、ビタミンCはメラニンを無色化するのにも一役買ってくれるので、日焼けしてしまった肌にもビタミンCは大切な栄養素なのです。

ビタミンCは果物に豊富に含まれているイメージがあるかと思いますが、柑橘類を朝に食べるのには注意が必要です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.