ビューティ情報『お湯落ち、石鹸落ちだけでメイクする!肌ダメージを視点に選ぶメイクアイテム』

お湯落ち、石鹸落ちだけでメイクする!肌ダメージを視点に選ぶメイクアイテム

2018年4月4日 06:00
 

メイクは顔を思い通りに変えていける魔法のようなアイテム。そんな側面も確かにあります。ですが、メイクアイテムはものによっては肌にダメージを与えこともあります。とくに、ウォータープルーフや落ちにくさを売りにしているアイテムは、その分落とすときに肌にダメージを与えやすいという傾向があるのです。

それゆえに、肌ダメージを考えるのであれば、メイクをしている時間だけでなく、落とすときのことも考えて選ぶようにしましょう。基本的には落すために特別なアイテムを必要としない、お湯落ち・石鹸落ちと書かれているものがおすすめです。どんなものがあるのか、見ていきましょう。

落とすケアは肌ダメージに直結しやすい

関連リンク

・首には年齢が現れる!キレイをキープする「首トリートメント法」
・骨の質低下でプロポーションが崩れる!?「美骨」に必要な栄養素とは
・18SS、メンズヘアはフィット感が大事◎
落とすケアは肌ダメージに直結しやすい

出典:Shutterstock
メイク落としの時、実は思う以上に肌には負担がかかっています。クレンジングをいいものに変える、洗顔料を良く泡立てるなど工夫をしても、どうしても肌ダメージを完全に回避することはできません。

とはいえ、メイクを落とさずに眠ると、さらに肌ダメージは深刻なものになりかねない。メイクは落ちにくいものを選べば選ぶほど、どうしても落とすときの肌ダメージは回避しづらくなります。メイクをしっかりすると、落とす必要もより出てくるということを、少し頭に置いておきましょう。

そもそも落とす必要が少ないメイクアイテムを選ぼう
そもそも落とす必要が少ないメイクアイテムを選ぼう

出典:Shutterstock
メイクを落とす際に肌にダメージを与えてしまうのであれば、そもそも落とす必要の少ないアイテムを選ぶようにするとよいのです。落とす必要性が少ないものや、落とすのが簡単なアイテムは、落とすことに使うパワーが軽減され、同時に肌ダメージの軽減にもつながります。

最近肌の調子が良くないなどという場合は、メイクアイテムを落しやすいものにチェンジしてみるのもよい対応策でしょう。なるべくお湯落ち・石鹸落ちなどと書かれているものがおすすめです。

落としにくい代表、マスカラはお湯落ち一択
マスカラはお湯落ち一択

出典:Shutterstock
メイクアイテムの中でも、落としにくいものと言えばマスカラです。なかでもウォータプルーフのマスカラは、ポイントメイク用のクレンジングを利用してもなかなか落ちないくらい、頑丈にまつ毛にくっついていることもあります。この場合、落とすときに目の周りの皮膚にダメージを与えやすいばかりでなく、まつ毛が抜けてしまうこともあるでしょう。

そのようなことで、目周りやまつ毛にダメージを与えないためには、マスカラはお湯でするっと落ちるタイプが一番です。マスカラを肌ダメージ視点で選ぶのであれば、正直お湯落ち以外は考えられません。

お湯落ちのタイプのマスカラは、年々質のいいものが増えていますので、色や質感なども好みのものがきっと見つかるでしょう。肌やまつ毛の為に、マスカラはぜひお湯落ち一択で!

石鹸で落ちるファンデーションはクレンジングいらず
石鹸で落ちるファンデーションはクレンジングいらず

出典:Shutterstock
石鹸で落とせるファンデーションやBBクリームは、とにかく肌に優しくクレンジング無しでも落とすことができるのが特徴です。このタイプのファンデーションは、塗り心地も軽やかで、つけていて気持ちがいいのも嬉しい点です。肌なじみもよいものが多数出ていますので、今つけているファンデーションが重く感じるのであれば、ぜひ試してみてください。

自分に合ったものに出会えるまで、いろいろ試してみることもとっても重要なお肌をいたわるコツですよ。

落とさなくても眠れるアイテムで肌ダメージ減
睡眠

出典:Shutterstock
メイクアップアイテムの中には、落とさずに寝てもよいものも出ています。このタイプは美容成分も豊富に含まれており、オーガニックやミネラル処方のものが多く、肌にとにかく優しいのです。

それだけでなく、つけている間に肌をきれいにしてくれる成分も配合されていることもあり、うっかり落とさずに寝てしまっても大丈夫です。とはいえ、肌にはメイク以外の汚れも付着していますから、1日を過ごした後はもちろん洗顔することが必須ではあります。

こういった落とさなくてOKなアイテムは、肌ダメージの軽減と、長時間メイクを落とせない時などにうまく利用していくとよいでしょう。

肌ダメージ視点でメイクアイテムを選んで、ダメージを最小限に
Woman in beauty style pose

出典:iStock
メイクをその場限りの綺麗の為だけに選んでいると、いつか蓄積された肌ダメージで、肌本体が綺麗でいられなくなるかもしれません。メイクによるダメージを最小限に抑えるために、肌ダメージ視点でメイクアイテムを選ぶのも大切なのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.