ビューティ情報『“もちっ”と弾む肌が理想的!春本番に向けてやっておくべき“セルフケア”のあれこれ』

“もちっ”と弾む肌が理想的!春本番に向けてやっておくべき“セルフケア”のあれこれ

2018年3月27日 18:00
 

できることなら、ずっと触っていたくなるような“もちっ”とした弾力のある肌が理想。そのためには春本番までにいくつか“やっておくべきセルフケア”があります。今回はそのセルフケアを美容法や食事法などの観点からご紹介していきます。

理想の肌といえば、“もちっ”と弾むような肌。若々しく見えるだけではなく、みずみずしいので肌のノリもよく、化粧をしていても化粧崩れを引き起こす心配もなく過ごすことができます。そんな“弾力肌”になるためにも、春本番に向けて、きちんとしたスキンケアを取り入れたいものですよね。

そこで今回は、弾力ある肌になるための“セルフケア”をご紹介していきます。

“弾力肌”ってどんな状態?

関連リンク

・GWに旅行するなら知っておきたい!賢い化粧品の持ち運び方♪
・今すぐ始めてみる?40代、本気のスカルプケア最前線!
・見た目-5歳の後ろ姿に♡GWまでに背中美人になる方法
shutterstock_686269711


そもそも弾力肌ってどんな肌?

ピンッと張った状態の肌で、たるみもないような肌状態のことを指します。たるみがないことによって、みずみずしい肌にも見えて、キメが整っている状態にも見えます。

逆に弾力がない状態の肌は、フェイスラインがもたっとしてしまい、ほうれい線が目立ちやすくなります。さらに目元・口元・首の小じわが目立ちやすくなります。

“弾力肌”は、真皮が大事!
shutterstock_1017804409


さらに弾力肌になりたいのなら、“真皮”に着目することが大事です。真皮というのは、表皮と“基底膜”という薄い膜で繋がれているもので、肌の弾力に大きく関係する、コラーゲンやエラスチンは、真皮層にあると言われています。

真皮には、毛細血管や汗腺、皮脂腺、そして神経が集まっており、表皮に栄養を与える役割や、表皮から送られる情報をキャッチするような役割があります。そんな真皮ですが、柔軟性と弾力性に大きく関係しており、コラーゲン繊維・エラスチン繊維があります。

表皮と比べると、約10~15倍もの厚みがあり、真皮の重さは60~80%が水だと言われています。よって肌の弾力、みずみずしさを保つためにも、真皮は非常に重要なところなのです。

そもそも肌のハリ・潤い・弾力を生み出してくれる、コラーゲンやエラスチンを生み出しているのは“線維芽細胞”というものです。線維芽細胞は、繊維と繊維の間を満たしてくれる、ゼリー状のような物質で、コラーゲン・エラスチンを生み出すことによって、皮膚にハリや弾力をもたらしてくれる役割があるものです。さらにこの線維芽細胞が真皮を綺麗にしてくれ、常にリフレッシュしてくれるような役割もあります。とはいえど、紫外線・老化によって、線維芽細胞が弱っていくことで、生産量や分解量も追いつかない状態となり、真皮全体のコラーゲンやエラスチンの量が減少すると言われているのです。

これによって、肌の潤いや弾力が衰えてしまうということにもなり、ほうれい線なども目立ちやすくなるというわけなのです。

ということは、できるだけ線維芽細胞の老化を遅らせることが重要になります。

線維芽細胞に注目!そのためにやっておくべきセルフケア
shutterstock_681452830

これらのことから言えることは、線維芽細胞に着目したセルフケアを行うといいということです。

ビタミンC誘導体
美白成分として有名なビタミンC誘導体ですが、線維芽細胞を活性化させることによって、コラーゲンを生成してくれるとも言われています。ビタミンC誘導体の美容液などを使用するといいでしょう。

イソフラボン
最近では食事だけではなく、化粧品などにも含まれるイソフラボン。実はイソフラボンにはコラーゲン・ヒアルロン酸の産生を促進させてくれる効果が期待できます。そのためイソフラボンを含む食事、そして化粧品を使用して、日頃のケアをしていくといいでしょう。

適度な運動を取り入れる
shutterstock_364331810


適度に運動を取り入れることによって、線維芽細胞だけではなく、他の細胞も活性化されます。ランニング、ウォーキングなど軽くて続けやすいものを選ぶことによって、美肌になるための線維芽細胞が活性化されていくことでしょう。

ランニング、ウォーキングが難しいという方は、家で気軽にできるストレッチでもいいでしょう。とにかく体を動かすことが大事です。

入浴を必ず行う
shutterstock_763105870


せっかくのお風呂時間、ついついシャワーだけで済ませていませんか?実は入浴をきちんと行うことで、内臓が温まり血行がよくなります。さらに細胞を活性化させてくれる効果も期待できると言われています。

サプリメントを取り入れる
日頃使うスキンケアアイテムを選ぶことはできるかもしれませんが、なかなか忙しいと運動も入浴も難しくなるはず。そんな時こそ、サプリメントを取り入れましょう。おすすめのサプリメントは、イソフラボン、ビタミンAが挙げられます。

日頃から続けていくことによって、徐々に効果を実感できるはず。

shutterstock_755246353


理想の肌はずっと触っていたくなるような、弾力のある肌。春本番までに、そんな理想の肌を手に入れたいと思いませんか?そのためにも今からできる“セルフケア”をご紹介しました。

日頃使用するスキンケアアイテム、そして食事の栄養素に気をつけてみると、グンッと自分の肌が美しく、もちもちになることでしょう。いくつかご紹介したセルフケアを全て行わなくとも、毎日続けられるような自分にできそうなものを選んでみて。

ぜひ今回ご紹介した、おすすめのセルフケアを参考にしてみましょう!

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.