ビューティ情報『【20代→30代】“若さ”から“大人っぽさ”にメイク方法をステップアップ』

【20代→30代】“若さ”から“大人っぽさ”にメイク方法をステップアップ

2018年3月29日 10:00
 

若さがウリの20代から、大人っぽい30代にステップアップするならメイク方法もチェンジしましょう。そこで、30代メイクをする上での心得をご紹介します。

若いだけのメイクは卒業!30代のメイクって?

目次

・スキンケアにこだわる
・ベースメイクも手を抜かずに
・盛るのは卒業!引き算メイクをマスター
・自分に合うコスメを見つける
・メイクテクニックで大人のオーラを
30代のメイクって?


20代から30代になると、今までの若さあふれるメイクから大人っぽさを感じるメイクにチェンジしていきたいもの。でも具体的に、30代のメイクってどんなことに気を付ければいいの?

そんなメイク方法の疑問を解決しちゃいます。さらなる魅力的な女性になるために、メイクを変えてステップアップしましょう!

スキンケアにこだわる

スキンケアにこだわる


メイクの前に、まずはスキンケアを見直すことが重要。一般的にお肌の曲がり角と言われる25歳くらいから、お肌の調子や肌質が変わってきたと自覚している方も多いかと思います。

今まではメイクをしたまま寝ちゃっても問題がなかったり、化粧水や乳液で軽く保湿するくらいでも平気だったとしても、30代になるともっとお肌のことを考えてあげないといけません。そのためには、クレンジングを丁寧にすることや、自分に合ったスキンケアを探すことが大事になってきます。多少値が張っても、お肌のことを考え、自分磨きの投資として使ってみても良いでしょう。

また、30代になると目元の小ジワやほうれい線、シミなどの悩みが出てくることも。クリームや美容液などを使って、悩みに適したスキンケアをプラスして行うことも必要です。

あとはアンチエイジングケアなんかもオススメです。まだ少し早いかな?と感じても、いざお肌の悩みが表れてしまってからでは遅かったりします。いつまでも美肌をキープするべく、できるだけ早めにケアをして、お肌のことを最優先してあげましょう。

ベースメイクも手を抜かずに

ベースメイクも手を抜かずに


スキンケア同様、ベースメイクも丁寧にしてあげることが30代メイクの掟。メイクの基盤となるスキンケア→ベースメイクの一連の流れは、20代の時よりも丁寧かつ美しく仕上げることを目指しましょう。

ただ先ほども述べた、30代になると気になり出すお肌の悩みをカバーしたいからといって、ファンデーションを厚塗りすることだけは避けて。ファンデーションの厚塗りは、もっとも老けてみえるNGメイク。朝はキレイにカバーできていても、夕方になると崩れて残念なメイクになってしまいます。

そうならないためにも、気になる部分はコンシーラーで丁寧に隠してあげるのがベスト。部分的に使えるコンシーラーはお肌全体を覆うわけではないので、重たい印象にならずにすみます。くすみが気になるならコントロールカラーを使って、色ムラをなくしてワントーン明るい肌作りを目指しましょう。

盛るのは卒業!引き算メイクをマスター

引き算メイクをマスター


20代の頃のメイクは、いかに盛ってかわいく見せるかを意識していたかもしれませんが、30代になってもそのメイクを続けているとただの痛々しい印象に。つけまつ毛やたっぷりのマスカラに、しっかりと引いたアイラインはもう卒業しましょう。

大人っぽさを演出するのに濃いメイクは必要ありません。30代のメイクは、盛るのではなく引き算をすることが重要。今までの盛ってばかりいたメイクを一つずつ引いていってみてください。そうするとちょうどいいバランスのメイクが見つかるはずです。

力を入れすぎていたアイメイクを少し薄くして、アイシャドウの色で遊ぶ楽しさに気付けたり、30代になったことで新しい色のリップを試してみたりと、メイクの新たな発見ができます。大人の余裕を感じられるメイクをマスターしておきたいですね。

自分に合うコスメを見つける

自分に合うコスメを見つける


新作が出るととりあえず試してみたり、人気のコスメという口コミだけで飛びついて使ってみたりしていた流行に敏感な20代。でもそろそろ自分に合ったコスメを見つけたいですよね。

もちろん流行に敏感であることは良いことですが、30代ともなれば自分の顔立ちや肌の色、似合う・似合わない、好きな使用感なども分かってきますよね。そんなメイクに関しての知識が増えてきたからこそ、自分に合うコスメに出会うこともできるのです。

流行だけにとらわれずに、自分自身の見せ方を知っている人って魅力的。30代はぜひそんな女性になりたいですね。

メイクテクニックで大人のオーラを

メイクテクニックで大人のオーラを
20代、早ければ10代の頃からメイクをしている方もいますよね。そうなるとメイクのテクニックもかなり上達してきているのが30代。メイクにかかる時間も、かなり早くできるようになったのではないでしょうか。

昔は苦手だったリキッドのアイラインを引くのも、今では一発でさっと引けたり、指を使ったメイクなんかも習得していたり。そんなメイクテクニックを駆使して、大人のオーラをかもしだせるメイクにトライしてみましょう。

キレイなグラデーションアイや、カラーライナーを使ってみるのも素敵。また意外と難しい抜け感メイクも、メイクの技を知り得ている30代の女性だから上手にできるメイク。20代よりも大人っぽくステップアップしたメイクを披露しちゃいましょう。

もう30代…と嘆かないで!自分らしいメイクを楽しもう
自分らしいメイクを楽しもう


20代に比べて、年齢に関してシビアになってきやすい30代。でもずっとメイクをしてきたからこそ、自分らしいメイクができるのです。そこに加えて、大人っぽさもアピールして、輝かしい30代を謳歌しましょう!

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.