ビューティ情報『会話上手になるコツは? 使いたいワード&NGワード』

会話上手になるコツは? 使いたいワード&NGワード

2018年3月30日 20:00
 

上手に話したいけど、なかなかうまく言葉が出てこない、あるいは「言わなくていいことを言ってしまった!」という経験がありませんか? 会話は一人ひとりの個性や、人間関係によって変わるものですが、話の入り口には共通のコツがあります。今回は、会話上手になるコツ、そして使いたいワードやNGワードをご紹介します!

会話上手になるコツその1:会話の前の心構え

目次

・「メラビアンの法則」を参考に
・表情と話し方に注意
・3つの準備
・「そうだね」「なるほど」
・「うれしい!」「すごく素敵」
・オウム返し・ワード拾い
・「でも」「だめだめ」
・「職業は?」「どこ住んでるの?」
・「さあ?」「どっちでもいい」
会話の前の心構え


「メラビアンの法則」を参考に

第一印象を決める「メラビアンの法則」を知っていますか? これはアメリカの心理学者が提唱した考え方で、人の第一印象を決めるのは「視覚情報」が55%、「聴覚情報」が38%、「言語情報」が7%だというもの。

つまり、初対面では見た目や表情が最も大事、そして次に声質や話し方、なんと、会話の内容は10%に満たないということなのです。

表情と話し方に注意

相手が初対面でなくても、会話をする際に「メラビアンの法則」を参考に、相手に与える印象について考えることができます。

会話では「いい言葉」を選べばそれだけでOKというわけではありません。会話する際の印象には、表情や口調、声のトーンなどが、大きく影響するのです。ですから、第一の、会話上手になるための心構えとして「表情」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.