ビューティ情報『知ったかぶりしてない?本当に正しい「ヘアケア」の基本』

2018年4月1日 16:00

知ったかぶりしてない?本当に正しい「ヘアケア」の基本

正しいつもりでいつもやっているヘアケア、それ間違っていませんか?間違ったヘアケア方法は、かえって髪を傷める原因にもなりかねません。本当に正しいヘアケアの基本をおさらいして、美しい髪を保ちましょう!

シャンプー前は必ずブラッシング

目次

・シャンプー前は必ずブラッシング
・ブラッシングは根元からではない
・シャンプーは後頭部や毛先から
・ドライヤーの風は上から下に
・オイルやトリートメントはドライヤー前に
必ずブラッシング


1日の汚れを落すために、シャンプーで髪の汚れも一掃!これだけでは、髪の汚れをきちんと落とすことはできません。

シャンプー前にブラッシングをするかしないかで、髪の洗浄具合はとても変わってきます。

ブラッシングをすることによって、髪についたホコリなどがある程度とれます。その後、お湯で髪全体をすすいでシャンプーに取り掛かるのが、正しい洗浄方法なのです。

逆にブラッシングをせずにそのままシャンプーに取り掛かってしまうと、お湯やシャンプーがきちんと髪や頭皮に行き渡らず、隅まで汚れを落すことができなくなります。

お風呂に入る前に、必ず下準備としてブラッシングを行うようにしましょう。

ブラッシングは根元からではない

ブラッシングは根元からではない


ブラッシングするとき、根元から毛先にかけて髪をとかす人が非常に多いのではないでしょうか?根元からブラッシングをしてしまうと、髪が絡まりやすく、切れ毛や髪を傷める原因になりかねません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.