ビューティ情報『眠らせているなんてもったいない!潜在能力を引き出す4つの方法』

眠らせているなんてもったいない!潜在能力を引き出す4つの方法

2018年4月12日 20:00
 

これはできない…もう間に合わない…。そんな風に、自分の限界を決めつけてはいませんか?実は、あなたの中には潜在能力が眠っているのです。
今回は、潜在能力を引き出す4つの方法をご紹介します。真の力を呼び覚まし、できない自分とサヨナラしましょう!

限界を決めつけてはいませんか?
限界を決めつけてはいませんか

出典:Shutterstock
ここまでは出来ても、これ以上は出来ない…。このように、どこかで線引きをして、自分の限界を決めつけてはいませんか?その思い込みのせいで、本当は出来ることであっても出来ずにいるだけかもしれません。

実は、私たち人間には普段は眠らせている「潜在能力」があります。潜在能力とは、咄嗟のときに無意識に発揮できる右脳的意識のこと。“火事場の馬鹿力”と例えられるのが、まさにこの潜在能力なのです。

人が生きている内に使っているのは、潜在能力のせいぜい1割から2割程度だといわれています。残りの大部分は、眠ったまま、引き出されることはありません。これほどもったいないことはありません!

今回は、普段眠らせている潜在能力の引き出し方をご紹介します。あなたの真の力を呼び覚まし、できない自分とサヨナラしましょう!

1. 普段は取らない行動を取ってみる
普段は取らない行動を取ってみる

出典:Shutterstock
私たちは、漠然と「自分はこういう人間である」と決めつけて生活しています。例えば、自分は人見知りだとか、消極的だとか、怒りっぽい性格であるとか。これは、日々の生活の中でだんだんと作り上げられた産物なのであって、本来のあなたとは少し違うものかもしれません。

潜在能力を引き出すには、こうした自分の決めつけや思い込みをなくし、殻を破る必要があります。普段は取らない行動を取ってみることで、あなたが持つ本来の能力が呼び覚まされるのです。

2. ポジティブな言葉を発する
ポジティブな言葉を発する

出典:Shutterstock
潜在意識を引き出すためには、今持っている自身のイメージを取り払う必要があります。日常的にポジティブな言葉を発することを心掛け、セルフイメージを変えていきましょう。

できない…。そんな風に自分の限界を決めているのは、自分自身です。できるできると繰り返しポジティブな言葉を発することで、潜在意識に少しずつ影響を与えていくことができます。マイナス思考は、潜在能力を引き出すのに最も邪魔なもの。自分勝手な思い込みや考えによって、潜在能力を眠らせている場合ではないのです!

3. イメージを映像で描く
イメージを映像で描く

出典:Shutterstock
潜在能力を引き出すには、なりたい自分や欲しいもののイメージを映像で描くようにしましょう。それは、頭の中でもよいですし、絵でも写真でもよいです。この方法は、理想を言葉にして人に話すこと以上のパワーを持っています。

例えば、入りたい会社があるのなら無理だと決めつける前にイメージしてみましょう。オフィスにいる自分、仕事をしている自分、同僚と話している自分…。こうして映像にすることで、漠然としていた気持ちが明瞭になります。入社したいという願いから、入社するにはどうすべきかと考えるようになるのです。

このように、イメージを映像で描くことであなたの限界という概念は簡単に崩され、潜在能力が引き出しやすくなるのです。

4. マインドフルネスを生活に取り入れる
マインドフルネスを生活に取り入れる

出典:Shutterstock
マインドフルネスとは、今起こっている経験に注意を向ける心理的な過程のことです。妄想の世界を手放し、現実にしっかりと意識を向けることで、心身ともにリラックスした状態を作りましょう。

マインドフルネスの基本は、呼吸にあります。私たちは、ストレスを抱えるとどうしても呼吸が浅くなりがちです。日々の生活で、深い呼吸を意識しながら“今”を見つめてみましょう。潜在能力が引き出されるのは、リラックスしているときなのです。

潜在能力を引き出して、限界を飛び越えよう!
潜在能力を引き出して、限界を飛び越えよう

出典:Shutterstock
できないと決めつけて限界を定めてしまう1番大きな要因は、“自分を信じていない”ことです。本来のあなたには、自身も気付いていない素晴らしい能力が備わっているのです。まずは、自分を信じてあげること。それこそが、潜在能力を引き出す最大の方法なのかもしれません。

潜在能力というと大げさに聞こえますが、例えば、テスト前日になると徹夜をしてでも勉強できたり、いよいよ締切りが迫ってくると異常なまでのスピードで頭が働いたり…。このような誰もが経験しているであろうことも、潜在能力によって限界を越えられたからこそできたことなのです。

そろそろ、できない自分とサヨナラして、自身の限界を飛び越えるときがきたようです。できるを合言葉に、諦めていたことにチャレンジしてみませんか?

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.