ビューティ情報『分からないまま使ってない?リキッド、パウダーetc…ファンデの種類と特徴をおさらい!』

分からないまま使ってない?リキッド、パウダーetc…ファンデの種類と特徴をおさらい!

2018年4月15日 06:00
 

ほとんどの女性が、メイクをする際に使う“ファンデーション”。当たり前のように使うアイテムですが、ファンデーションにもリキッドやパウダーなどさまざまな種類があります。それぞれの性質をきちんと理解して使っていますか?自分の肌タイプによって使い分けていますか?今回は、そんなファンデーションの種類と特徴についてご紹介します。

リキッドファンデーション

関連リンク

・梅雨の湿気対策に!まとまらない髪をまとめる優秀アイテム3選
・老けて見える首のシワ!初夏のしっかりケアがシワを防ぐコツ♡
・「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ
リキッドファンデーション

出典:Shutterstock
リキッドファンデーションとは、名の通りリキッド状(液体状)のファンデーションです。油分が含まれており、肌がしっとりとした仕上がりになるのが特徴です。

リキッドファンデーションのなかにも、仕上がりがツヤ肌になるタイプやマット肌になるタイプなど、様々な種類があります。そのため、リキッド状とはいってもそれぞれのテクスチャーには少しずつ違いがあります。

ツヤ肌仕上がりになるタイプは、肌への伸びがいいものが多いです。マット肌仕上がりになるタイプは、リキッド状とはいえ、ツヤ肌タイプに比べると少々固めのテクスチャーのものもあります。

そして、リキッドファンデーションは使い方も幅広いです。指で伸ばして使う人もいれば、ブラシやパフを使ったり、その使い方によっても仕上がりが変わってくるのが面白いところです。

今のメイクトレンドの影響なのか、リキッドファンデーションを愛用している女性はとても多く、プロのメイクアップアーティストの方々も愛用者が多いようです。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーション

出典:Shutterstock
パウダーファンデーションは、パウダー状(粉状)のファンデーション。パウダーとはいっても、細かい粒子でできたパウダーを固めてあるものが馴染み深いです。それをパフで顔に広げていくようなタイプです。

マットで上品な仕上がりになるので、大人の女性に人気の高いタイプです。60代以上の女性でも、愛用者が多いです。使い勝手もよく、パフで塗っていくので手が汚れにくいです。外出中のメイク直しもしやすいのも特徴的です。

また、パウダータイプは肌の油分を吸収しやすいので、リキッドなどに比べるとテカリにくく、油性肌の女性や春夏のベースメイクにはぜひおすすめしたいです。

クリームファンデーション

クリームファンデーション

出典:Shutterstock
クリームファンデーションは、クリーム状でとろっとしたテクスチャーのファンデーションです。リキッドタイプと同じく油分が含まれていますが、リキッドより水分量が多いのが特徴です。そのため、肌への密着感に優れており、肌にうるおいを与える効果もあります。

うるおいがある分、これからの季節はテカリやすいのではないかと思われがちですが、密着感の高さと優れたカバー力が兼ね備わっているので、むしろ春夏に使うにはぴったりです。また、空調の効いた部屋にいる時間が増える夏場に使えば、乾燥から肌を守ってくれます。

肌を乾燥から守りながらも、ヨレにくくカバー力もあるという万能なタイプが、クリームファンデーションです。

BBクリーム

BBクリーム

出典:Shutterstock
BBクリームとは、保湿成分、美容液、カバー力、UV効果など多くの役割を兼ね備えたファンデーションです。

本来、ベースメイクをするときは、スキンケア→化粧下地→ファンデーション→フィニッシングパウダーという流れになるとおもいます。しかし、BBクリームはそのすべての工程を1本で済ませてくれるというハイブリッドアイテムなのです。朝、時間がない人や面倒くさがりさんには非常に助かるファンデーションだと思います。

ただ、全ての役割が1本に詰まっているということは、その各々の役割のバランスはいいとしても、どの機能にも特化していないとも言えてしまいます。カバー力、UV効果、保湿効果の全てが、自分の望むレベルに達しているかといったら、そこは人によって感じ方それぞれだと思います。

ファンデーションには、カバー力を求めたい!という人であれば、BBクリームよりもカバー力の高いクリームファンデーションを選ぶのが良いこともあります。

つまり、ベースメイクをする上で「この肌悩みは絶対に隠したい!」とか「紫外線予防は確実に徹底したい!」という大きなこだわりがない場合には、BBクリームは非常に便利で優秀なアイテムだと思います。

肌タイプや仕上がりの好みに合ったファンデーションを選ぼう
好みに合ったファンデーションを選ぼう
出典:Shutterstock
いかがでしたか?

ファンデーションに種類があることは知っていても、それぞれの特徴までは知らないまま使っている人は少なからずいると思います。

ベースメイクは、メイクの基盤になる部分なので、肌との相性や仕上がりの好みにこだわって選びたいものです。ベースメイクが美しく仕上がっていれば、美人度がよりUPすること間違いなしです!

美しいベースメイクを叶えるには、ファンデーションの特性を知った上で自分に合ったものを選ぶことがとても重要なのです!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.