ビューティ情報『10年後後悔しないために。20代から意識したいエイジングケア2つ』

10年後後悔しないために。20代から意識したいエイジングケア2つ

2018年5月17日 18:00
 

いつまでも、シミやシワ・くすみがない若々しい肌でいたい、という願いは多くの女性が持つもの。若々しくいるためのケアを“エイジングケア”と言いますが、やったほうが良いのはわかっているけど実際何をすればよいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、私たちは確実に年を重ねますし、加齢を止めることも時間の針を逆戻りさせて若返ることもできません。だからこそ、私たちができることは「エイジングの進みを緩やかにする」こと。これは早いうちから心がけておくことに越したことはありません。今回は、そんなエイジングケアについての基本的なことと、20代のうちから意識しておきたいことをご紹介します

肌に影響を与えるエイジングの原因

関連リンク

・魅せる美ボディへ。女性専用RIZAP「RIZAP WOMAN」がオープン
・美白ケアアイテムをただ使うだけじゃもったいない!効力を更にUPさせる方法
・体の内側から日焼けを食い止める!白い肌をキープする食材とは?
エイジングの原因
出典:GODMake.
そもそもエイジングケアとは、エイジング=老化、加齢のこと。つまりエイジングケアとは加齢によって起こりうることを防止するためのケアのことなのです。

さて、エイジングの原因は、

  • 細胞の寿命
  • DNAの損傷
  • ホルモンバランス
  • 免疫機能
  • 活性酸素
  • 糖化反応
などと言われています。実際のところ、これ!といった原因はまだ解明されていないのが現状です。

しかし、これは体内のエイジングについての話。肌にエイジングを与える代表的なものはみなさんご存知「紫外線」です。老化の原因の80%は紫外線と言われている通り、やはり紫外線は肌のエイジングに大きな影響を及ぼすのです。

そして、もう一つは「活性酸素」。体内に取り込まれた酸素の一部が変化してできた活性酸素は、通常ウイルスの除去など良い働きをしてくれるのですが、増えすぎてしまうと自身の細胞も酸化させてしまう厄介なもの。

そんな肌のエイジングに影響を及ぼす「紫外線」と「活性酸素」対策は、エイジングサインに気が付いてからケアを始めるのでは遅いです。なので、20代のうちからこれらの対策をすることが10年後も綺麗でいられる秘訣です。

20代から意識すべきエイジングケアのポイントは「紫外線と活性酸素」

老化の原因の80%は紫外線
老化の原因の80%は紫外線
出典:GODMake.
紫外線が老化の原因の大部分を占めている、というのは多くの方がご存知の通りです。

メラニンを過剰生成させてシミを作ってしまったり、肌の奥深くまで浸透しコラーゲン繊維等を破壊してシワやたるみの原因になってしまったりと、気になるエイジングサインすべての原因となってしまうのが紫外線です。それゆえ、老化の原因の80%は紫外線と言われているのです。

また、紫外線を浴びることによって肌のエイジングのもう一つの原因である活性酸素も発生させてしまいます。そのため、紫外線は20代のうちから徹底的に避けておくべきなのです。

そこで、まずは、日焼止めを365日、外出しない日でも毎日塗るのを習慣化しましょう。また、ライフスタイルに合わせて、完全遮光の日傘などを取り入れて紫外線対策するのもおすすめです。紫外線は、冬でも雨の日でも雪の日でも、雲やガラスを通り抜けて降り注いでいるので、10年後のエイジングを予防するためには、365日毎日の紫外線対策が必須です。

活性酸素にも要注意
活性酸素にも要注意
出典:GODMake.
老化の原因は大部分が紫外線と言われていますが、活性酸素による酸化も忘れてはいけないエイジングの原因の一つです。

酸化とは簡単に言うと錆びのこと。この活性酸素を取り除くために抗酸化、という言葉がよく使われますよね。

肌が酸化してしまうと、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲン繊維等を破壊するだけでなく、新たに作り出す働きを弱めてしまいます。すると、肌のしわやたるみを引き起こすのです。それだけでなく、メラニンを作り出すメラノサイトを活性酸素が刺激して、メラニンの過剰生成、やがてはシミになってしまいます。

十分エイジングの原因となりえる活性酸素ですが、先ほどお伝えした通り体内に取り込まれた酸素の一部が活性酸素へと変化してしまいます。

それだけでなく、

  • 飲酒
  • 喫煙
  • ストレス
  • 大気汚染
  • 激しい運動
  • 紫外線
など、私たちの生活に密接に関わるものによっても発生してしまいます。

なので、これらをすべて切り離すのはとても難しいこと……。そこで、エイジングケアのための抗酸化対策でおすすめしたいのが「食事」です。ぜひとも取り入れたいのが、抗酸化作用が強いビタミンCやビタミンEが豊富に含まれている食品です。そのほかにも、ポリフェノールやリコピン、アスタキサンチンなども抗酸化作用が高い栄養素なので、これらが含まれている食品を積極的に摂取しましょう。

とはいえ、これだけを食べていればよいわけではありません。バランスの良い食品をとったうえで、これらの栄養素をできるだけ多くの種類取り入れることが、エイジングケアのための食事の基本になります。

エイジングサインを感じてからでは遅い!

エイジングサインを感じてからでは遅い
出典:GODMake.
シミやシワなどのエイジングサインを感じてから、これらのケアを取り入れるのは遅いです。なぜならエイジングケアは若返りの魔法ではなく、エイジングの針を緩やかにして予防するためのものだから。そのうえ、1回やればすぐに効く! というものでもなく、毎日の生活でコツコツ意識して初めて効果が得られるものなのです。いわば毎日の習慣として取り入れたいもの。そのため、20代のうちからエイジングケアを心がけることが大切なのです。

今回紹介したものを毎日完璧にやる必要はありませんが、少しずつ毎日の生活に取り入れて、10年後も綺麗でいられるようにしましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.