ビューティ情報『骨量・質の低下は“老け”の原因に…食生活の見直しはじめませんか?』

骨量・質の低下は“老け”の原因に…食生活の見直しはじめませんか?

2018年5月24日 12:00
 

骨量の減少は、骨粗しょう症を引き起こすことは広く知られています。骨粗しょう症は高齢者の病気と思われがちですが、ライフスタイルが様変わりする昨今、20代・30代でも発症する場合があります。また、実は老け顔の原因になるとも言われているんです。骨の量や質を高めるためにも、まずは食事から見直してみましょう。

あなたの骨は大丈夫?

目次

・簡単セルフチェック
・カルシウム
・ビタミンD
・たんぱく質
・NGな食事は?
・ダイナミック・フラミンゴ体操
・スクワット
・背筋
あなたの骨は大丈夫?
出典:GODMake.
骨量が減る原因は加齢・閉経などさまざまです。10代・20代での過度なダイエットや運動不足、喫煙、飲酒が骨を弱体化させるとも言われています。「まだ若いし大丈夫」とたかをくくっていると、年齢を重ねたときに骨がスカスカなんてことに。

一般的には、骨粗しょう症は50代以降に増える病気と言われています。ですが、若いうちに骨が弱体化すると、骨粗しょう症のリスクがUP!

また、骨が弱くなると背中が曲がる・身長が縮むなど、見た目を一気に老けさせてしまいます。さらに、体の骨量が減れば、頭蓋骨の骨量も減少して頭皮が緩むので、顔のシワ・たるみにつながるとも言われています。

まずは、自分のライフスタイルをCHECKしてみましょう。

簡単セルフチェック

簡単セルフチェック
出典:GODMake.
あなたは、次の質問にいくつ当てはまりまか?

  • 乳製品(牛乳・ヨーグルトなど)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.