ビューティ情報『梅雨のまとまりにくい髪をなんとかしたい!日々の積み重ねで出来ること!』

梅雨のまとまりにくい髪をなんとかしたい!日々の積み重ねで出来ること!

2018年6月14日 10:00
 

梅雨の時期がやってきましたね。こんな時期は朝完璧に髪の毛をセットしても夕方にはまとまりがなく、ボサボサ…。なんてことありませんか?梅雨の時期は温度や湿度が急激に高くなり、いつものコンディションと違い、扱いにくくなってしまうことも。
そこで今回の記事では、そんなまとまりにくい髪が起こりやすい原因や、どうしたらまとまりにくい髪にならないのか改善策もお話していきたいと思います。

梅雨に髪の毛がまとまりにくいのは「ダメージ」を受けているから

目次

・髪の毛に適した水分でないと、うねりを生じてしまう
・梅雨も紫外線のダメージは侮れない!
・シャンプーでしっかりと汚れを落とし、タオルドライは優しく!
・トリートメントで毛先を中心に補修してあげる!
・ドライヤー使用は必須!自然乾燥は雑菌が繁殖してしまう恐れ
梅雨のまとまりにくい髪
出典:GODMake.

髪の毛に適した水分でないと、うねりを生じてしまう

髪の毛が健康的な状態を保てる状態は、水分が10~13%程度髪に含まれている状態です。梅雨になり雨が降ると、空気中に水分が含まれます。そうすると、髪にとって過剰な水分が発生することになります。その過剰な水分の発生により、髪の毛にうねりが生じてしまったり、まとまりにくいと感じてしまうのです。それが原因で、髪に傷みを感じてしまうこともあるのです。

梅雨も紫外線のダメージは侮れない!

雨が降るとついつい、手を抜いてしまいがちな紫外線対策。梅雨で雨が降っていたり、曇りだったり晴れない天気が続いていても、紫外線は地上に降り注いでいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.