ビューティ情報『口元のエイジングケアを見直す!正しい歯磨きや口元のデイリーケア』

2019年2月6日 12:00

口元のエイジングケアを見直す!正しい歯磨きや口元のデイリーケア

笑ったり会話をしたり、最も注目が集まりやすいパーツは意外と「歯」なんです。歯のくすみや、加齢にともなう歯茎の変化、色素沈着など、若々しい口元をキープするために大切な口元や歯のデイリーケアについてご紹介していきます。

「歯磨き」を見直そう

目次

・歯ブラシを“鉛筆持ち”しよう
・歯に対して45度の角度で磨いていく
・歯の裏側も1本ずつ縦に磨く
・歯ブラシのサイズを見直そう
・歯間の汚れはデンタルフロスを使って落とす
・口元の“たるみ”解消にはトレーニング
・口臭ケアは唾液と口内ケアを意識しよう
・歯の黄ばみは自宅とプロのWケア
・歯茎のマッサージに挑戦する
「歯磨き」を見直そう
出典:GODMake.
まず最初に、歯磨きが正しくできているか見直していきましょう。幼少期の誤ったクセがそのままになっている方も少なくありません。ここでは、一般的に正しいとされる歯の磨き方についてご紹介していきます。

歯ブラシを“鉛筆持ち”しよう

歯ブラシを持つときの持ち方は、鉛筆を持つように持ちましょう。鉛筆持ちは手に過度な力が入りすぎないので、歯や歯茎に必要以上の負担を与えることがありません。また、歯ブラシの先を小刻みに動かしやすいので、細かい部分まで丁寧に磨くことができます。

歯に対して45度の角度で磨いていく

歯を磨くとき、表面だけ磨ければ良いというわけでもありません。しっかりと歯と歯の隙間や、歯と歯茎の溝なども磨くことが大切になってきます。一般的に、歯の汚れや歯石は歯と歯茎の間に溜まりやすいといわれているので、ここをしっかりと磨けているか意識することが大切。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.