ビューティ情報『脚太とぽっこりお腹を解決!骨板の歪みを改善する方法』

2019年2月20日 16:00

脚太とぽっこりお腹を解決!骨板の歪みを改善する方法

脚が太い、下腹が出ているのはもしかしたら「骨板の歪み」が原因かもしれません。スッキリしたお腹と脚になるために、骨板の歪みを改善する方法をご紹介します。

ダイエットしても運動をしても変わらない「脚太とぽっこりお腹」。いつまでも変わらない原因はもしかしたら「骨板」が歪んでいるからかもしれません。

目次

・脚太とぽっこりお腹になる原因は骨板の歪み!?
・骨板が歪むNGを習慣
・骨板の歪みを改善するメリット
・骨板のための正しい姿勢
・骨板の歪み改善に効果的な筋トレ


今回は「脚太とぽっこりお腹」を改善するために、「骨板」の歪みを改善する方法をご紹介します。

脚太とぽっこりお腹になる原因は骨板の歪み!?

昔はスマートだったのにいつのまにか体型が崩れてる・・・それは骨板の歪みが原因で発生している可能性があります。ここでは骨板が歪むと体型が崩れる理由をご説明します。

1. 血流が悪くなる
骨板が歪むと血流がスムーズではなくなるので、「代謝の低下」や「むくみ」、「セルライト」が発生しやすくなるといわれています。マッサージで一時的に血流を良くすることは可能ですが、根本的に改善するには「骨板の歪み」を治すことが大切です。

2. 内蔵の位置がずれる
骨板が歪んで開いてしまうと、そこに「内臓」が移動してしまうので「ぽっこりお腹」の原因になります。腹筋運動をしても改善しない場合や、食後に下腹がぽっこりでるときは骨板の歪みを疑ってみましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.