ビューティ情報『ヨガとの違いは?自分で体の疲れをとるタイ式ルーシーダットンとは』

2019年3月11日 16:00

ヨガとの違いは?自分で体の疲れをとるタイ式ルーシーダットンとは

タイ伝来の健康法、ルーシーダットン。体のハリやコリにアプローチできる方法として、ヨガの経験者を中心にひそかに人気を集めています。
ここでは深い呼吸をしながらゆったりとポーズをとることで、リラックス効果も得られるルーシーダットンの効果や、ヨガとの違いについて説明します。1日中座りっぱなしという方や、肩こりに悩んでいる方、必見です!

毎日のデスクワークやスマホの使いすぎなどで、首や肩周りがガチガチになっていませんか?こわばった体をほぐしながらリラックスする手段には、ヨガやピラティスなどがありますが、是非、試してみてほしいのがタイ式ヨガとも呼ばれるルーシーダットンです。

目次

・タイのマッサージ師も自らの疲れを癒すために実施!
・ヨガはインド伝来の修行方法
・ルーシーダットンはタイ伝来、修行後のセルフメンテナンス
・血行が改善されて、こわばりがほぐれる
・集中力が高まる
・自律神経が整い、精神が安定する
・体のゆがみが矯正され代謝アップ


ルーシーダットンとは
ルーシーダットンとは
出典:GODMake.
ルーシーダットンという言葉は、サンスクリット語の「仙人=(ルーシー)」「ダッ=整える」「トン=自分」という単語の組み合わせからなっています。

ルーシーダットンは仙人体操とも呼ばれ、タイの仙人や僧侶が修行の際に座禅のように同じ姿勢を取り続けることで起こる体の痛みや疲労を自分で癒すためにはじめた「自己整体」、「セルフマッサージ」のようなものであると伝わっています。

観光地としても有名なバンコクの寺院・ワットポーには、ルーシーダットンのポーズをとる仏像が残っています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.