ビューティ情報『摩擦はシミやくすみ、肌荒れの原因に!肌への摩擦を減らすために見直したいこと5つ』

2019年5月9日 16:00

摩擦はシミやくすみ、肌荒れの原因に!肌への摩擦を減らすために見直したいこと5つ

どんなに高品質な化粧品を使っていても、肌に摩擦を与えているとシミや肌荒れなどのトラブルが生じてしまいます。透明感ある美しい肌のため、キメの整ったなめらかな肌のためにも、肌摩擦は避けましょう。
普段のスキンケアの中で肌摩擦を起こしやすいポイントをチェック!間違えた習慣がある人は今すぐ見直しを。

摩擦が引き起こす肌トラブル

目次

・炎症によるシミやくすみ
・角質がはがれてバリア機能が低下
・クレンジングや洗顔のやり方
・洗顔後のタオル
・基礎化粧品のつけ方
・フェイスマッサージ
・メイク
摩擦が引き起こす肌トラブル
出典:GODMake.
一生懸命スキンケアをしたり、食生活に気をつかったりしているのに肌トラブルが頻発するなら、肌をこすり過ぎているかもしれません。肌の表面に摩擦が起きると、どんなトラブルが生じるかチェックしておきましょう。

炎症によるシミやくすみ

摩擦は肌にとって刺激になります。刺激は強弱の程度はあれど、肌に炎症を引き起こします。すると、脳が「肌を守るためにメラニンを作りなさい」とメラノサイトに命令。シミの原因になり嫌われがちなメラニンは、実は肌を守る役割があります。

脳から指令を受けたメラノサイトはメラニンを生成するため、紫外線対策を徹底していてもシミができたり、肌がくすんだりしてしまうのです。

角質がはがれてバリア機能が低下

人間の肌は複数の層で出来ています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.