ビューティ情報『「カロリーハーフ」は体に悪い!?正しい知識で健康な体づくりを!』

2019年5月20日 12:00

「カロリーハーフ」は体に悪い!?正しい知識で健康な体づくりを!

近年、カロリーハーフの商品がとても増えていますね。カロリーをカットする代わりに、砂糖が入っていたり、人工甘味料が入っていることも。健康のためにカロリーハーフにしたつもりが、実は健康に良くないことも。なぜカロリーが半分なのか具体例をあげて解説します!

「カロリーハーフ」の商品にもつイメージ

目次

・マヨネーズ
・スティックコーヒー
・ヤクルト
・ゼリーなど菓子類
・表記を確認しましょう
・可能なら、カロリーが普通のタイプを少量使用する
・うまく商品を使うことが大事!
「カロリーハーフ」の商品にもつイメージ
出典:GODMake.
「カロリーが多いと太る」「体に悪そう」という考えから、「カロリーハーフ」を選ぶこと、ありませんか?実は、カロリーハーフでも健康に良くないことも。

なぜカロリーハーフになっているか知ることで、今後の商品の選び方の参考にしていただけると嬉しいです。

カロリーハーフの代表的な商品
カロリーハーフの代表的な商品
出典:GODMake.

マヨネーズ

マヨネーズは、大さじ1杯で100kcalあり、高エネルギーです。カロリーハーフの商品は、1杯50kcalです。なぜでしょうか?

実は、カロリーハーフのマヨネーズは、「サラダクリーミードレッシング」という名称です。正確には、「マヨネーズではない」ということです。

マヨネーズの定義は、日本農林規格(JAS)に決められていますが、カロリーハーフのマヨネーズには、

  • 増粘多糖類
  • たんぱく質加水分解物
  • 砂糖
が含まれています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.