ビューティ情報『化粧水をつけるのはコットン?それとも手?それぞれのメリット・デメリット』

2019年5月23日 18:00

化粧水をつけるのはコットン?それとも手?それぞれのメリット・デメリット

スキンケアをする時、まずは化粧水を肌になじませますよね。その化粧水はどのようにつけていますか?「コットンを使う」もしくは「手で塗る」の2つに分かれると思います。
でも正直肌にとってどちらが良いのかわからず、何となくやりやすい方でやっている人も多いのではないでしょうか。そこで、コットンと手のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

どちらかが正解というわけではない

目次

・均一になじむ
・細かな部分もつけやすい
・清潔さを保てる
・コットンパックができる
・肌への刺激
・デリケートな時には控えた方が良いことも
・手の温度を利用できる
・肌状態がわかる
・経済的に負担がない
・手荒れ・不衛生な状態は要注意
・ムラになりやすい
どちらかが正解というわけではない
出典:GODMake.
化粧水をコットンでつけるやり方と、手でつけるやり方。正直な所、どっちが正しいのかよくわからず、悩んでいる人もいるのではないでしょうか?美容部員さんはコットンを勧めるし、でも美容好きの友達は手が良いと言うし…。

そんな化粧水のつけ方は、必ずしもどちらが正しいと言い切れるものではないのが事実。コットンにはコットンの良さ、手には手の良さがあるのです。そのためまずは、それぞれのメリットとデメリットをよく知った上で取り入れることが大切。

まずはコットンのメリットからチェックしていきましょう。

コットンのメリット

均一になじむ

均一になじむ
出典:GODMake.
コットンを使う最大のメリットは、肌に均一になじんでくれるということ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.