ビューティ情報『夏は洗いすぎに注意!美肌づくりに欠かせない正しい洗顔方法をおさらい』

2019年7月1日 20:00

夏は洗いすぎに注意!美肌づくりに欠かせない正しい洗顔方法をおさらい

気温が高くなると、汗や皮脂の量が増えて顔のべたつきが気になりがち。洗顔回数を増やしたり、ゴシゴシ洗ったりしていませんか?汗や皮脂の汚れを肌に残すのも、洗顔回数を増やして洗いすぎるのも、肌トラブルを引き起こしてしまいます。
夏こそ、正しい洗顔方法で美肌の土台作りをしましょう。

夏の肌にダメージをもたらす要素はなに?

目次

・汗や皮脂
・紫外線
・エアコン
・洗顔は1日2回まで
・ぬるま湯で洗う
・もこもこ泡でやさしく
・タオルはやさしく押し当てる
夏の肌にダメージをもたらす要素はなに?
出典:GODMake.
暑い夏は汗や皮脂によるベタツキが気になって、洗顔に力が入りがち。しかし、夏ならではの要因によってダメージを受けた肌は、洗顔が負担になる場合もあるのです。

洗い方を間違えると、肌の生まれ変わりのサイクルのターンオーバーが乱れたり、肌を外的刺激から守るバリア機能が低下したりと、肌コンディションが低下。カサツキ、肌荒れ、吹き出物など多くのトラブルを引き起こします。

まず、夏の肌に影響を与える要因について見ていきましょう。

汗や皮脂

夏は汗や皮脂の量が増えます。汗を拭くとき、ゴシゴシこするように拭き取っていませんか?強くこすると、肌に負担をかけてしまいます。汗を拭くときは、タオルやハンカチを肌にやさしく押し当てて、「汗を吸い取る」のが正解です。

また、化粧が崩れるからと汗をそのままにすると、汗に含まれる成分の影響でピリピリやかゆみがでる「汗あれ」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.