ビューティ情報『爪が割れやすいのは体質ではない!?カルシウムも影響している?手先から綺麗になるために!』

2019年6月16日 08:00

爪が割れやすいのは体質ではない!?カルシウムも影響している?手先から綺麗になるために!

しかし、爪の主成分は「ケラチン」といい、たんぱく質の一種です。

また、爪に含まれるカルシウムは体内の0.1%ほど!もちろん、カルシウム不足は体によくありません。爪にも少なからず影響があるかもしれません。必要以上にカルシウムを摂らなくても良いですが、栄養素の偏りがない食事が大切です。

ビタミンA

皮膚や粘膜を正常に保つ栄養素で、ケラチンの形成に欠かせません。

  • 鶏レバー
  • ほうれん草
  • あなご
などに豊富に含まれています。

ビタミンB2

爪の細胞を活性化させます。体の代謝を活発にしてくれるので、髪や美肌にも◎。

  • 豚レバー
  • 牛レバー
  • 乳製品
  • うなぎ
  • アーモンド
などに豊富です。

ビタミンE

毛細血管の血行をよくするので、薄ピンク色の血色の良い爪には欠かせません。ビタミンEは老化防止ビタミンなので、アンチエイジング効果も!

  • かぼちゃ
  • アボカド
  • キウイ
  • ピーナッツ
などに多く含まれています。

ビタミンCとあわせて摂取すると、体内でより効率が良くなるといわれています。

たんぱく質

爪の主成分のケラチンは、たんぱく質の一種。ケラチン生成のためにたんぱく質摂取は欠かせません。
たんぱく質を摂取すると、内臓や筋肉など、生きていく上で優先順位が高い部分へ栄養がまわります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.