ビューティ情報『要注意!栄養ドリンクのカフェインはコーヒーよりも依存性が高いって本当!?』

2019年6月25日 12:00

要注意!栄養ドリンクのカフェインはコーヒーよりも依存性が高いって本当!?

栄養ドリンクやエナジードリンクは眠気覚ましに一杯飲む、という人も多いのではないでしょうか。実は、コーヒーなどに含まれるカフェインよりも、それらに含まれる無水カフェインは少量で吸収しやすく、その分依存性や副作用も強く出ます。
カフェインと無水カフェインの違い、1日どれくらい摂取して良いのか、ご紹介しています!

カフェインには「無水カフェイン」と「カフェイン」がある?違いは何?

目次

・無水カフェインについて
・依存性・副作用が強くなるのはなぜ?
・カフェインによる体の症状
・注意点1
・注意点2
・カフェインの半減期
2つの違い
出典:GODMake.
コーヒー、緑茶、カカオなどにカフェインは含まれているのは有名ですよね。それらに含まれているカフェインは、水分子と結びついています。

無水カフェインについて

無水カフェインとは、名前の通り、水分は含まれていません。コーヒーなどに含まれるカフェインの成分を、人工的に抽出しているためです。

錠剤や、顆粒、液体などの形に加工しやすいため、風邪薬や栄養ドリンクにも使われています。

依存性・副作用が強くなるのはなぜ?

通常のカフェインよりも凝縮されているので、少量でカフェインの効果があります。したがって、その分、依存症や副作用も発症しやすいです。

さらに、通常のカフェインよりも体内に吸収されやすいため、より依存症や副作用に注意が必要です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.