ビューティ情報『雨の日でもやける!「梅雨」に見落としがちな【紫外線対策】の落とし穴とは』

2019年6月20日 12:00

雨の日でもやける!「梅雨」に見落としがちな【紫外線対策】の落とし穴とは

曇りや雨の日が多い「梅雨」。ついつい日焼け対策を怠ってしまうという人も多いのではないでしょうか。
でも実は、曇りや雨でも紫外線の影響は小さくありません。雨の止み間に日が射すと紫外線の量も多くなるため、梅雨の間も天気に関わらず万全な日焼け対策が必要なのだとか……。
そこで今回は、知らないと怖い「梅雨ならではの見落としやすいポイント」と、「梅雨の時期こそ見直したい日焼け対策のコツ」を解説いたします。

油断大敵!「梅雨どき」の紫外線が恐ろしい理由とは
曇りや雨の日が多い「梅雨」
出典:GODMake.
気象庁の調べによると、日本国内での紫外線量は、徐々に増加している傾向にあるそう。正しい日焼け止めの使い方を知ることは必須なんです。

また、曇りや雨の日が多い梅雨の時期は、ついつい日焼け対策を怠りがちですが、紫外線の影響がないわけではありません。

さらに恐ろしいのが、「雨の止み間に日が射すと紫外線の量も多くなる」ということ。このことからも、梅雨の期間も天気に関わらず、万全な日焼け対策が必要なことがわかります。

「梅雨」の紫外線対策で特に意識したい!汗・こすれによる「スキマリスク」
汗・こすれによる「スキマリスク」
出典:GODMake.
また、梅雨の時期は湿度が高まり、汗をかく機会が増えることにより、塗った日焼け止めが汗で落ちてしまったり、また、汗を拭う際にこすれて落ちてしまうことが多いというリスクも……。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.