ビューティ情報『時短だけじゃない!成分にこだわった安全性重視のオールインワンゲル』

2019年7月12日 08:00

時短だけじゃない!成分にこだわった安全性重視のオールインワンゲル

手軽で便利なオールインワンゲル。たくさんの商品がありますが、その成分はどうなっているのでしょうか。添加物の心配はないのでしょうか。敏感肌の人には特に気になる点ですよね。そうでない人にとっても、直接お肌に塗るものだから不安要素は取り除きたいですよね。
今回はオールインワンゲルに使われやすい添加物、そして無添加でお肌に優しいオールインワンゲルをご紹介します。

添加物ってお肌にどうなの?

目次

・石油系界面活性剤
・合成着色料
・合成香料
・合成ポリマー
・紫外線吸収剤
・アクアビューティーラボ美・エッセンス ジェル4,104円(税込)
・メディプラスメディプラスゲル3,996円(税込)
・ラフラベビーゲル3,888円(税込)
添加物ってお肌にどうなの?
出典:GODMake.
加工食品などでよく耳にする添加物ですが、実はスキンケア用品にも多く使われているのです。せっかくお肌をきれいにするためにつけているのに、添加物のせいでお肌にダメージを与えていては本末転倒ですよね。

どのような成分にどんな働きがあって、お肌にどんな影響をあたえるのか。代表的な化粧品添加物をいくつか挙げてみましょう。

石油系界面活性剤

その名の通り、石油を原材料として作られた界面活性剤のことです。界面活性剤は化粧品や洗剤などの原料に良く使用されるもので、洗浄力を高めたり、水と油を乳化しやすくする機能があります。

界面活性剤自体はオールインワンゲルにも必要であり、お肌に悪いものではないのですが、石油系界面活性剤となると話は別です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.