ビューティ情報『紫外線ケア②日焼け止めだけでいい?○○を取り入れたW対策で秋肌に差がつく!』

2019年7月14日 20:00

紫外線ケア②日焼け止めだけでいい?○○を取り入れたW対策で秋肌に差がつく!

みなさんは、紫外線対策をしていますか?日焼け止めのみでは夏場の紫外線から肌を守ることは難しいかも…。そのため、日焼け止めとアイテムを合わせたW対策で、上手に肌を守ることが大切です。
有効なアイテム選びのコツや、紫外線対策のポイントをご紹介します!

紫外線量が多い時間帯は何時頃?

目次

・日傘
・服
・帽子
・サングラス
・ソラレンを含む食べ物
・ソラレンを含まない食べ物
紫外線量が多い時間帯は何時頃?
出典:GODMake.
地上に降り注ぐ紫外線は2種類あります。一つ目は、皮膚下層にまで到達しシワやたるみを引き起こす「UV-A」。長時間浴びた場合の皮膚影響があります。二つ目は、急性にあらわれる皮膚影響があり、シミやくすみなどを引き起こす「UV-B」です。

UV-Aは、一年中注意が必要な紫外線で、一年を通して紫外線対策をしなければいけません。一方、UV-Bは夏場の7月~8月がとくに強く、正午前後がピークにあたるといわれています。紫外線量は、時間帯により大きく変動するため、日中の外出時にはしっかり対策を行うことが大切です。

自分の日焼けタイプを知っていますか?
自分の日焼けタイプを知っていますか?
出典:GODMake.
私たちの皮膚は、人それぞれ紫外線に対する反応が違います。皆さんの皮膚は、以下3つのどれに当てはまるのかチェックしてみましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.