ビューティ情報『細眉世代の30代に朗報!最新アートメイクはここまで進化していた【30代のリアル美容#30】』

2019年8月30日 20:00

細眉世代の30代に朗報!最新アートメイクはここまで進化していた【30代のリアル美容#30】

30代女性に共通するメイク悩みと言えば「若い時に眉を抜きすぎて、狙った位置に生えないこと」ではないでしょうか。

アムラー世代の30代後半。そして、若き日の深田恭子さんやギャル雑誌に登場するモデルのような角度の高い眉に憧れ、眉の下側や眉頭以外を抜いていた30代前半の世代は、ここ数年の「太眉」やら、「自眉を活かしたナチュラル眉」やらに、胸を痛めていたはず。

目次

・これまでの懸念点:「痛そう」「高い」「理想の眉になれるのか不安」
・眉なし代表・橘は8年前にアートメイク済み
・まるで生えているかのような立体的な仕上がりを実現できるらしい!
・「NU-MAKE(ニューメイク)」とは
・パウダー眉(パウダーアイブロウ)
・ハイブリッド眉(3D&パウダーアイブロウ)
・眉 リタッチ


そんな方の強い味方と言えば「アートメイク」。だけど正直、アートメイクで魅力的な眉になれるイメージって湧きますか?実際問題、「入れてます!」感満載の眉になりそうな気がしますよね?しかし!なんでもここ数年、そんな固定観念を覆す進化を遂げているとのことなので、薄眉代表のわたくしが、早速チェックしてきましたよ。

薄眉・眉なしさんの強い味方「アートメイク」ってどうなの?

これまでの懸念点:「痛そう」「高い」「理想の眉になれるのか不安」

「アートメイク」ってどうなの?
出典:GODMake.
若い時にいわゆる麻呂眉にしてしまい、眉尻が生えてこず、汗や前髪・帽子などのスレで描いた眉が消えてしまうと悩む方や、眉を左右対称に毎朝描くのが難しい人、すっぴん力を高めたい人にとって、「アートメイク」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.