ビューティ情報『管理栄養士が解説!結局、イソフラボンは1日どれくらい摂れば良いの!?』

2019年9月23日 12:00

管理栄養士が解説!結局、イソフラボンは1日どれくらい摂れば良いの!?

女性ホルモンと似たはたらきをすることから、更年期の不調に効果があるといわれているイソフラボン。近年、イソフラボンを摂取する人は増えていますが、上限値はあるの?と気にする人も多いようです。
イソフラボンのはたらきや、1日の摂取量についてご紹介します。

「イソフラボンは摂りすぎ注意」といわれるようになった経緯とは?

目次

・特定保健用食品の認可
・1日の上限値
・上限値が定められた根拠とは?
・もし摂り過ぎたらどうなるの?
・グリコシド型イソフラボン
・アグリコン型イソフラボン
・更年期の不調を改善
・美肌効果
・抗酸化作用
・イソフラボン75mgってどれくらい?
・どんなものに、どれくらい含まれている?
イソフラボン注意
出典:GODMake.
イソフラボンは女性ホルモンに似たはたらきをもち、骨粗鬆症予防などの効果があるといわれています。

しかし近年、「摂り過ぎはNG」と見かけることが増えました。一体、何があったのでしょうか?

特定保健用食品の認可

2006年、大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の認可について、安全性が問われたことがきっかけと考えられています。それまでイソフラボンの上限値は明確にされていませんでしたが、上限値が設定されたのです。

上限値が設定されたということで、「摂り過ぎたらダメ」という認識になったと考えられます。

イソフラボンの1日の上限値
上限イソフラボン
出典:GODMake.

1日の上限値

1日の摂取量の上限は、70~75mgとされています。(※胎児・乳幼児・小児・妊婦は除く)

また、特定保健用食品を食事にプラスする場合、+30mgまで、とされ、閉経後の男女についてはデータがないため30mgとされています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.