ビューティ情報『秋冬スキンケアマストアイテム!クリームとバームって結局どう違うの?』

2019年10月11日 08:00

秋冬スキンケアマストアイテム!クリームとバームって結局どう違うの?

乾燥が気になる秋冬のスキンケアで大活躍してくれる“クリーム”と“バーム”。毎年お世話になっているという方も少なくないかと思いますが、そもそもこのふたつってどう違うんでしょうか?
似たもの同士で全然違う!クリームとバームの違いについて、改めておさらいしてみましょう!

乾燥する季節に欠かせない“バーム”、その特徴は?

目次

・クリームとは?
・バームとは?
・ベースメイクやメイク直しにもぴったり!
・肌だけじゃない!?ネイルや髪にも使える!
・秋のうっかり日焼け対策にも使える!
乾燥する季節に欠かせないバーム
出典:GODMake.
ここ数年で定番アイテムとなった“バーム”。高い保湿力で秋冬のスキンケアに欠かせないアイテムですが、そもそもバームとはどんなものなのか、ご存知ですか?

バームは、蜜蝋やワセリンなどの油脂を半固形状にしたスキンケアアイテム。常温だと固形になっていますが、肌にのせると体温で溶けだしてオイル状になります。

普段のスキンケアで、化粧水や美容液などを塗った後に使うのが、一般的なバームの使い方。肌の水分を閉じ込めて乾燥を防ぐフタの役割を果たしてくれます。とろっとしたテクスチャで、肌に油脂のベールを作ってくれる質感が心地よいと、多くの方に愛されているアイテムです。

意外と知らない!バームとクリーム、どう違うの?

クリームとは?

クリームとは?
出典:GODMake.
クリームにもバームにも共通しているのが、「基材」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.