ビューティ情報『間食に塩味をプラスしてダイエット成功!?「セイボリーダイエット」とは!?』

2019年12月3日 20:00

間食に塩味をプラスしてダイエット成功!?「セイボリーダイエット」とは!?

間食というと、何となく良くないイメージをもつ人が多いのではないでしょうか。ダイエット中、食事制限を頑張っていても、お腹がすいてやる気が起きない、なんてことも。
間食にもさまざまなメリットがあります。今回は、新しい間食の考え方である“セイボリー”についてご紹介します。

セイボリーの意味とは?

目次

・スウィート・トゥ・セイボリーとは
・脂肪がたまりにくい
・どか食い予防
・リバウンド防止
・1度に食べる量は100kcal以下にする
・セイボリーを間食として摂るコツ
・100kcalの目安
セイボリーの意味とは?
出典:GODMake.
海外では定番になっている、塩味で甘くないスナック・間食のことをいいます。

スナック・間食といっても、甘いものや油が多いものではなく、健康的なものをさします。具体的にはナッツ類や枝豆、チーズ、小魚、甘くないタルトなどをいいます。

セイボリーという言葉自体は、

  • シソ科のハーブの一種
  • 味の良い
  • 良い香りがする
  • 塩味がする・辛味のある
など、さまざまな意味があります。

セイボリーダイエットは、甘くない、塩味のきいた軽食や間食でダイエットをする方法です。甘いスイーツよりも、塩気のあるものを食べると食事をしたときのように満腹感を得やすく、ダイエットにも良いのではないか、という考え方です。

スウィート・トゥ・セイボリーとは

「甘いものの代わりに塩気のあるものを食べる」ということです。海外では、塩味のクッキーがスーパーなど手に入りやすい場所で売っているのだとか。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.