ビューティ情報『『クラランス』2020春速報!大気汚染に負けない「酸素美白」を実現するセラム&クッションファンデ登場【2020年3月6日(金)発売】』

2019年12月26日 08:00

『クラランス』2020春速報!大気汚染に負けない「酸素美白」を実現するセラム&クッションファンデ登場【2020年3月6日(金)発売】

クラランスは大気汚染が肌色に与える悪影響についての新たな発見と、最新のイノベーションを用いて、ブライトニング効果を強化した新製品「ブライトプラス ブライトニング セラム(医薬部外品)」と「ブライトプラス ブライトニング クッションファンデーション」を新発売。【2020年3月6日(金)発売】

また、2020年1月1日より、ミルクシェイクのように甘く、柔らかい、フレッシュなメイクアップコレクションを限定にて発売します。

目次

・大気汚染が“美白”へ悪影響を及ぼすことが判明
・大気汚染下で透明感のある肌を目指すには肌の「酸素」を増やす必要がある
・「ブライトプラス ブライトニング セラム(医薬部外品)」
・「ブライトプラス ブライトニング クッションファンデーション」
・ミルキー ムース リップ
・ミルキー ブースト
・ジョリ ブラッシュ
・モノアイシャドウ S
・ミルクシェイクコレクション(限定品)
・スキンケア・ベースメイク


クラランス、9世代目のブライトニングセラムは「大気汚染」に着目
9世代目のブライトニングセラム
出典:GODMake.

大気汚染が“美白”へ悪影響を及ぼすことが判明

1996年に美白製品をはじめて発売して以降、美白への知見を積み重ねてきた『クラランス』が新たに着目したのは、大気汚染が肌色に与える影響。

中国の人口が少なく大気汚染が軽度な湛江に住む女性と、大気汚染度の高い広州に住む女性、それぞれ100人の肌を調査したところ、大気汚染によりメラニンの生成量が増えるほか、肌が酸素不足になり、さらに酸素を血流から取り込みエネルギーへと変えるミトコンドリアの酸素供給能力も低下をしていることが判明。

つまり、大気汚染により、十分な酸素を取り込めなくなり、毒素排出が上手くいかなくなることで、肌がくすむことを発見したのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.