ビューティ情報『似合いやすいヘアカラーの法則って?パーソナルカラーの理論で解説!【読む色美容】』

2020年5月7日 20:00

似合いやすいヘアカラーの法則って?パーソナルカラーの理論で解説!【読む色美容】

染める時には【黄みを消した】ヘアカラーが似合います。なぜならば、ブルベ肌を持つサマーさんは黄みが苦手だから。少しだけ赤みを感じるヘアカラーだと、肌の透明感が増したり、血色がよく見える効果があります。

また、明度の低いグループなので、ヘアカラーは黒~かなり暗めのトーンのブラウンが◎。肌や似合いやすいお洋服の色にマッチしやすいです。

オススメカラーは、ブラック。黄みを打ち消すための「青」っぽい色味を入れることや、暗めのピンクブラウン。

黒髮または赤みのある暗めブラウン
出典:byBirth

6. まとめ

髪は肌と距離が近いため、髪の色は肌写りに大きく影響すると言われています。自分に似合いやすい色味×明るさを追求して、髪のおしゃれを楽しみたいですね。

ヘアカラーにも「流行」がありますが、自分に似合う色を知った上で流行を楽しむ!というのと、ただただ流行りに流されて似合ったり似合わなかったりを繰り返す!のでは全然意味合いが違います。

ヘアカラー
出典:byBirth
今回ご紹介した似合いやすいヘアカラーは、各タイプの似合いやすいファション・メイクとも相性の良いものばかり。頭の先から爪先までトータルで自分の印象を輝かせていきましょう!

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.